サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

「槍−南岳」
2000.9.15-16
2名

1日目:大晴れ

沢渡上には午前2時頃到着。もう少し早ければテント張って寝るつもり だったのだが、めんどくさかったのでバス停のベンチで横になる。4時 頃から明かりがつきはじめ、4時40分には臨時のバスが出る。
釜トンネルは5時から通行可なので5時まで暫く待たされて、午前5時 20分上高地BTを出発。今回フィルムはベルビアを使うつもりで多め にもってきたのだが、ガスのため感度不足から手ぶれを懸念し1本目は プロビアで。横尾までは特筆する場所もなく、小梨平の森、梓川の清流 のわきを明神へ。朝のうち大霧だった天気も見事に晴れわたり、明神岳 に朝焼けが。

一旦明神で荷物を下ろして徳沢へ。一旦昼寝に入り、私はとりあえず撮 影。まだ道も平坦なので三脚を左手に持つ余裕ぶりである。横尾へは順 調に辿り着き、槍沢へは9時半。横尾大橋はすっかり河童橋以上の立派 な橋に変貌していました。横尾からは登山道が細くなり、2回目の川を 離れるところを過ぎると槍見河原。コースタイムで1時間となっている が、いいところ40分強だろう。ここを過ぎると間もなく一ノ俣の橋 (固定)を渡り、5乃至10分の間をあけて二ノ俣の吊橋へ。しばらく 左岸に沿って歩き、沢から離れはじめたら間もなく頑槍。最後の階段を 登れば槍沢ロッヂだ。槍沢ロッヂからはほとんど展望がない。

槍見岩、白沢、赤沢岩小屋と経由して標高2000mのババ平へは10 時着。ババ平で水が涸れていることはまずありえないので、ここの水場 はほぼ信頼できる。槍沢からババ平へは30分で200m獲得するので 結構なのぼり。ババ平から大曲はほとんど水平で距離を伸ばすだけで楽 勝だが、大曲は傾きかけた道標が立っているだけで休めるスペースはほ とんどない。大曲を曲がってもまだ槍は見えないが、このあたりが槍へ の実質的な起点。ここから登山道は急になり、すぐガレを横切り、 2180m付近の左の沢との出合を右へ。2300m付近の大岩をこえ てすぐ渡渉(といっても幅10センチ未満)から2380m付近の二俣 を右へ上がるが、ここで左の天狗原方面のルートに入り込んでしまう。 右岸へ入っていたので右方向へ大きく戻るが、このあたりでかなり登山 道が錯綜しているので注意が必要。基本は右と左しかないので、忠実に 左岸・右のルートを辿れば間違いない。このあたりで沢沿いから左岸を 高巻くように登山道がついており、忠実に沢沿いを歩くといつの間にか 右岸に入り込んでしまうのだ。

左岸を右へ上がっていったところから登山道はつづら折りにかわり、テ ラス、というか、グリーンバンドの台地の上へは右から巻いて入る。直 下の水沢にて3.5Lの水を確保する。水沢の水場は僕は前に9月にき たときも使ったので、ここは信用していいと思いますが、その上で水が 取れるかどうかは運次第。台地の上へ上がったところで斜度は一息。こ こまでずっと土の上を歩いてきた登山道もいよいよ岩の上に変わる。そ して、登山道を左へ歩くと−槍だ!そして反対を振り向くと常念岳の勇 姿も。

大抵は10時も過ぎると見事にガスってしまうものだが、今日はきれい に見えている。正直期待していなかっただけに、非常に嬉しかった。 ここまでくれば目の前に殺生も見えているので気は楽。坊主岩小屋をと おり、なんか斜度があるのだかないのだかわからないうちに殺生の横へ ついた。坊主岩小屋から殺生までは標高差にして100m程度。ここま でくればもう着いたも同然だ。

肩の天場はあまり広くないのですぐ一杯になってしまうのだが、今日は 台風の影響もあってあまり混まなそうなため、ついでだったので飯村さ んを唆して肩まで行くことに。寝不足が出ているようなので水を引き受 けるが、さすがにテントのほかに2人分の食料と水では重かった。

それでもこの1人で天場が使えるかどうかが違うかもしれない、とばか りに最後のラストスパート。何人か追い越して、30分ばかりで山頂へ。 15時丁度着。幕営の受付を済ませて、今日は余裕ありとのことだった ので場所を確保する前に一旦くだり、220m下ったところで飯村さん と合流。荷物をピックアップしてのぼり返し、15時45分に到着。

槍の穂先は僕が登頂したときにはまだ晴れていたのだが、10分もしな いうちにガスの中。明日の天気は悪いはずなので、時折ガスが晴れて登 高意欲をそそられるのだが、飯村さんはすでに「ヘリポートから小屋入 口まで登るだけで大変だった」(本人談)とのことで、17時までには 下りてきたいので16時を回ったところで本日の登頂を断念。さっそく ビールで乾杯!ああ・・・だめなトザン者(爆)
しかし、飯村さん、3000mまで上がってきて500缶あけたもんね。 普通の体力でいきなり3000mにきて500缶あけたらぐるぐる回っ て気持ち悪くなるものです。

いい気持ちになったところで天場へ移動して一息ついたところでテント 張り。今回は槍側ではなく、大喰側が真正面に見られるところ。一応両 方あいていたのだが、もうすっかり酔っ払いモードであいている場所を 適当に確保した。岩陰で槍が見られない残念な場所だ。何のために肩ま で上がったのか。さすがは酔っ払い(爆)
教訓:テントを張ってからビールを飲もう。

今日は確実に雨がくるはずなので、テントを確実に固定。フライもしっ かり張って万全の体制・・・のつもりだったのだが、千鳥足隊(爆)の おぼつかない手先で作った結び目。あっという間にほどけてしまった(爆) でもって夕食はかたやきそば(槍の肩のそばでやる肩槍傍、ではない。 固焼きである)なのだが、これがまたこなごなになった麺をあちこちに 撒き散らして環境破壊。しかも1本1本丁寧に拾った麺を再びひっくり 返す、という間抜けぶり。

妙に香ばしく、しかも水っぽい「あん」をかけて食べるかたやきはまた なんともいえない様相。「かたやきそば」は、いけてるようでいけてな かった。もうすこし精進します。
教訓:かたやきをやるときは下に何か敷こう。

17時半頃夕日を見て就寝。この日は結局強風に叩かれただけで綺麗な 夕焼けはなかった。
満月の夜だったのでテントの中が妙に明るい。21時半頃いったん目が 覚めたので外を覗くと見事な月が出ており、風は強いものの、決して天 候は悪くない状態。このぶんだと翌日も大晴れだ。中央アルプス方面で はさかんに雷が光っているようなので、今回もまた只ならぬスーパー晴 れ男の威力発揮、と思い安心しきって就寝した。

2日目:未明大晴れ 明け方暴風雨 日中曇り一時晴れ時々小雨 夕方より雨

2日目は4時20分頃目を覚まし、朝食を取る。昨晩とうって代わって 真っ白な霧に包まれ、しかもやや水混じりで強風だけが昨晩のまま。
登山届には、
 好天の場合:南岳−北穂−奥穂−岳沢
 悪天の場合:南岳−氷河公園−槍沢
 超悪天の場合:殺生−槍沢
と書いてあるが、南岳方面への縦走は厳しそうな天気。おまけに槍へ の登頂も危ないような状況。しばらく様子をみていたが、これはもう どうにもならない。大喰のピークだけ踏んで諦める、ということで、 空身で大喰を往復。しかし、往復している間に天候回復のきざし。こ れは穂先にも登れるぞ、ということで穂先を往復して、天気も悪くな さそうだったのでそのまま南岳方面へGo!
時折雨が混じるが岩が濡れているほどではなく、大喰から中岳方面へ。 中岳で直下ははしご、鎖場で、これをザック2つ持って登るのは苦し い。どうしようかなあ、と思ったのだが、とりたてて危険はなさそう なので2往復はせず、2つ持ったまま上がる。
中岳山頂でシャッターを押してもらっている間にガスが切れ、槍平の 方まですっかり見えるようになった。が、これから下りる氷河公園方 面はおもいきりガスの中。足の具合や明日の天気を考えるとキレット をこえて穂高方面への縦走は考えられないので、氷河公園方面の天気 がかなり気になる。
中岳から南岳の稜線は実に歩きやすい気持ちのいい場所。展望がない のが残念だが、雪渓のわきへ下りてやや登り返す。地図を見る限り意 外と距離があるように見えたのだが、むしろ大喰と中岳の間の方が大 変かもしれない。2986ピークで一旦休憩をいれ、天狗原分岐にて 休憩しているとガスが晴れて、一瞬槍が見えた。登山道からは見えな いが、分岐から1mも上にあがると見事に見えるはず。
そして反対側には南岳と、その向こうの北穂も。これで決まった。空 身で意外と距離がある南岳へ向かう。片道15分位の軽い登りなら僕 は大抵走ってしまうのだが、途中で歩いたりしているのでよほど疲れ ていたのだろう。南岳の山頂で北穂方面を眺めていたが、行っていけ ないようなルートではないな、というのが正直な感想。南岳小屋は広 いところに立った小屋で、その先に見える少し出っ張ったところが長 谷川ピークだろうか。そうすると、大キレットはその手前になる。全 貌は南岳の山頂からは見えないようだ。ただ、がけっぷちに立った北 穂高小屋だけが立っているだけだ。

10分弱遅れて、ほぼコースタイムとおりで飯村さんも登頂。右足は 岐阜県に、左足は長野県。暫く座ったがガスがあがってきてしまった のでそそくさと退散する。
天候回復の兆しがあったので、先に下りて雨具を脱ぎ、3m上まで荷 揚げして待ったが、氷河公園方面への下りはかなり激しく、おまけに まっすぐ足が下りないような強風で、ここでやむなくザック返却。荷 物は自力で背負ってもらい、下へ向かうが、稜線を下りはじめたとこ ろで天候悪化して再び雨具を着ることに。ガスの方が激しく上へ向かっ ていていつ雨がきてもおかしくないような状況だったので、昨日夜中 央アルプス方面で雷が鳴っていた、ということを考慮してコルから尾 根を離れるところまでは休憩なしで下りる。この場所はかなり尾根が 痩せているので注意が必要だ。カール内のガスはときおり視界が開け るので、道迷いの虞はなし、と見る。鞍部をはずれて一旦休憩するが、 かなり時計が気になる様子。え?もう行くの?
かなりタイムリミットが迫っていて、かなりまずい状況になっている。 おまけにコースタイム30分少々のところがすでに1時間・・・・こ りゃまずい。ということで、ちょっと頑張ってカール底へ。ちょっと 雪が残っていたので、コースを外れて雪渓の上を歩いてみた。ブリッ ジになっている様子はなかったので楽しんでみたが、端だけは避けて 対岸へ。これが天狗池なのか、と思ったら、なんとまだ先へ行ったと ころに池が・・・見るんじゃなかった。そしてさいごのきっつい登り を登り、槍沢に向かってトラバースすると、行きに間違ったあの場所 に出る。いやあ疲れた!ということでここで座り込んで大休止。あと はひたすら上高地を目指すのであった。バスは間に合わなそうなので ここでタクシーに連絡を取ろうと思ったが、肝心な徳沢で携帯電池切 れ。あまり持っていても意味がないかも・・・
日没ぎりぎりで上高地BTへ到着。もはや下山届も電灯の下でようや く書ける状態だった。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 上高地−槍沢−槍ヶ岳(泊)−南岳−槍沢−上高地
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 中岳直下に梯子があるが、このルートで特に危険という危険個所はない。槍の穂先だけは慎重に登ること。
所要時間 通常は3日。初日槍ヶ岳までいっているが、これは結構キツいと思う。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 各山小屋にあります。この山域は山小屋も多いのでトイレに困ることはほとんどないだろう。
また、槍沢のテント場であるババ平にもトイレが設置されている。
水場 グリーンバンド直下に水場があるのですが、ここは槍の肩の小屋の直下ゆえ・・・・
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内なので指定地でのみ幕営可。横尾、槍沢(ババ平)、殺生、槍岳山荘(ここは小さくすぐ一杯になる)
交通 沢渡の駐車場を利用してそこからバスにのりかえ。沢渡駐車場まで舗装 トレーラ不可
登山計画書 上高地で出せます。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 南岳から氷河公園へのくだりだけ慎重に行ってください。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net