サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

写真
2001.1.28 弥彦山 登山記録

写真
カニパワー
2001.1.28

弥彦山へ行ってきました。新潟県の冬山、といいますと、大豪雪・・・・といったイメージがありますが、海間近の弥彦山まできますと、さほど天候的には過酷ではなくなります。もちろん豪雪になることもありますが、湯沢や頚城方面に比べますと海沿いなだけにずっと天気には恵まれることが多い。登山道も尾根沿いについているので、雪崩の虞もよほどの豪雪直後でなければあまり考えられません。

前日かなり雪が降ったので、トレースがつくことを期待して少しゆっくりスタート。
8時38分に弥彦神社第一Pに到着しまして、スタートするなりいきなり雨である。スタートしたばかりなのに雨具を取り出すために再びザックをおろす。しばらく弥彦神社の境内で遭難した後登山道を発見して、取り付いたのはおよそ9時頃。
わかんとアイゼンの重装備で固めた軟弱登山隊は、いきなり登山道ではなくロープウェイ乗り場に向かうのであった。しかしその途中で登山道分岐を発見。おおっしっかりトレースがついている。しかも、トレースというか、街中の歩道のように踏み固められている!これは行かない手はない、と、いきなり徒歩で登ることに予定変更。90度向きをかえて徒歩で上へ向かう。降雨もかなり収まり、雪に変わっている。

弥彦山の登山道は完全に尾根沿いについているので、まずは尾根の立ち上がりで標高を稼ぐ。約250m地点までの40分弱ばかり急登に喘ぐ。たちの悪いことにしっかり踏み跡がついて圧雪されてしまったため、登山靴では滑ることこの上ない。おまけにあまりにも固められてしまいキックステップがきかない。なんとかタラタラと登っていくと、少し角度を緩くするとともに越後平野が見渡せるようになる。これに気をよくした軟弱隊はこのあたりからガシガシ行くが、調子に乗るのとは裏腹に結構キツい。
250mをこえてくると雪質も少しづつ変化してくるが、この頃よりサイド側のステップが効くようになってきたので調子よく登る。尾根筋を直登するのが地形図にかかれているルートなのだが、どうもこれと違うルートを歩いているようにも見える。
鳥居が出てきてこんにちはした後、左側の沢筋のトラバース。一応上を確認して、ロープのかかった急登をこえ、木の橋をわたり再び右へ取り付く。このあたりより踏み跡が1人分の足の幅まで細くなる(下の方はすれ違える位広かった)
6合の休憩所を出て左に折れたあたりで雪のほうはかなり本降りになってくる。杉に囲まれた山も真っ白。奥の方へ進み沢筋に水のみ場。軽く休憩して、登っていくとまもなく斜度を緩めた頃正面にロープウェイの駅が見えてくる。ここからまだ少し登って、左へ登っていくと稜線。

ここからは350m、とかかれているので、一気!と思ったが、一気に行くには少し距離が長すぎた。放送塔近くで少し力を緩める頃、今まであれだけガスの中だった山頂が晴れわたり、海が見渡せるようになる。こうなったら楽しい稜線歩きだ。思い切りカメラを振り回しながら少し左へ巻きながら5m程度下り、再度登りかえした所に竹風の緑に塗られて節が作られた鉄と縄を組み合わせたオブジェ。下を通過すると、右側にはトイレ、社務所があり、さらに上がっていったところが奥宮。山頂までは約1時間30分であったが、無雪期のCTでこの位だと思う。積雪期にはもう少し時間を見ておきたい。
ひととおり記念写真を撮っているうちに山上はガスの中。すっかりうなりを上げて吹く風の中をロープウェイの駅まで下る。展望はなかったが、ラッセル遊び!とかいって登山道外で埋まっている間に晴れてきて佐渡が見えたりした。

帰りは軟弱登山者としてロープウェイで下山。わずか5分の下り旅だった。

写真 拝道と登山道の分岐付近。ロープウェイ方向へ向かう軟弱登山隊は、トレースがあることに気をよくして登山道へ向かうのであった。
写真 ここから登山道。見事に踏み跡がついております。
写真 これが途中の登山道。下の方は積雪は多くありません。
写真 登山道から。
写真 尾根伝いにいきます。積雪は30センチ位でしょうか。
写真 こちらは尾根にのっかる前の登り。上の写真より少し手前になります。
写真 7合目の給水場。
写真 だいぶ積雪も深くなりました。
写真 この場所にロープが張られている。
写真 5合目付近の鳥居。
写真 5合目付近から新潟平野を見る。
写真 9合目付近。
写真 9合目付近。こう見るとあまり深くないように見えますけど、1歩登山道を外れると膝上まで潜るのだ。
写真 こちらが山頂
写真 日本海丸見え。正面に佐渡も見えます。写真でははっきりしませんが、この日も写ってました。
写真 めまぐるしく変わる天気が冬の新潟の証
写真 一瞬だけ日が差して
写真 そして一面ガスの中。9合目下のロープウェイ乗り場付近。
写真 登山道で尻セードして顰蹙を買った某隊
写真 山頂でございま〜す
このあと、温泉〜〜〜はぁと♪ と意味不明語を発しながらロープウェイ乗り場に向かう2名が目撃されましたとさ。
写真 最後に日本海の荒波をお楽しみください。
写真 ・・・・って、この日はおだやかでしたけど。


区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 弥彦神社→弥彦山
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 標高は低いといえどいったん荒れると写真のとおり雪山ですので、雪山基本装備は必携です。
所要時間 登り2時間程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口・9合目にあります
水場 ありませんが、冬場は雪を溶かせます
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 弥彦神社に駐車場あり 駐車場まで舗装
キャブコン可
トレーラ可
マイクロ可
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net