サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

鍋割山

単独

朝遅く起きたものの、疲れのためからだが動かない。とはいえ、ここで山へ行かずまた地獄 の平日を耐えるなどという行為は想像しただけで発狂しそうなので、家さえ出てしまえばな んとかなると、体に鞭打って秋晴れの鍋割山(本当は鍋焼きうどん目当て)へ行ってきた。 (朝おきて日が出ていたら丹沢の表側に遅い時間にとりつく位しかできないのが悲しい。そ れとて高額道路で*十分も走った先の山である)
8時半に大倉を出発して、大倉尾根を登高する。雨が降る予定だったのが、この日は実に暑 くて熱射病モード一直線である。今後天気予報は一切信用しないことにしよう。
ほどなく単独のおばさんと一緒になり、雑事場平にて最初の休憩。このおばさん、じつにタ フで、世間の中高年登山者と一線を画す足の速さ。私とほぼ同じ足の速さですから尋常では ありません。この後駒止茶屋上で2度目の休憩(これは手加減)を入れたところで、グレー プフルーツをいただいた。彼女の知り合いと途中でであったのですが、全然勝負にならなく て、途中で休憩を入れたら追い越していきました。「おにーさん負けちゃったの?」って、 うーん、やはり女性は強し、なのでしょうか。
私の持っている高度計と地図を見て、どちらかの山岳団体のリーダーかと誤解されていまし た。実は下見なんですよねって。「私の足だと休憩も入れて3時間半位」と言ったら、勝手 に2時間半と誤解していましたが、・・・・わき目もふらずになら2時間半で登れるとは思 いますが、速くあがればえらいわけでもなし、楽しんで登った人が一番勝ちだから、あまり 時間にはこだわらずに楽しんでやってくださいな。
(でもこの日、比較的のんびりだったつもりが休憩含めて3時間10分のペースでした。普 通は休憩も含めて3時間半〜4時間かかるコースですから、もう少し楽しんでも良いですね) 彼女とは花立山荘手前で再び一緒になりまして、この後花立山荘でもかき氷をごちそうにな り、すっかり幸せモードに入る。あとは鍋焼きだあ!などと、もうすでに何をしにきたのか わからないだらしのない登山者モードに状態である。
花立から私は左へ折れ、植生の変わった死の森を1時間ほど進んで鍋割山にたどりつく。普 通のペースで進めばここは40分ほどかと思う。花立から先の霧もこのあたりで完全に晴れ たものの、視界は望めなかった。
鍋割山からの下りは、しばらく気持ちのいい森の中、やがて急斜になり、途中で左へ分岐に 入る。ここで道標のないところに踏み跡がついていたので思案したところ、3mほど先に反 対側を向いて道標が立っており、その先に正規の道がついていた。はしごをこえ、徒渉する とブナからスギに植生は変わり、スギ特有の裏山臭い匂いがしてくる。まもなく林道に出て、 あとはいくらでもないからということで、深い徒渉で足をつっこんでしまったのが大失敗。 最初は冷たくて気持ちよかったのだが、あっという間に巨大なマメ、というか靴擦れが・・ ・直径3cm位あり、歩くのに困難をきたすほど。足を濡らすのはやはり厳禁ですね。
うんざりする位林道を歩いた後、大倉へ戻ってくる。
山上は秋が近づいており、ところどころにキノコが出始めている。カンゾウタケと思しき赤 いもの、名称不明の幼菌、タマゴタケ、ドクササコ(と思しきラッパタケ科のキノコ)、ド クツルタケの群生(←食わないように)ほか数種類のキノコをみかけた。気の早い紅葉も散 見し、もうまもなく山上では紅葉が見られるかと思う。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 大倉〜花立〜鍋割山〜二俣〜大倉
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 登り1200m近くあり、体力的には比較的キツいと思います
所要時間 全行程6時間+程度。1日いっぱい
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあるほか、要所に山小屋あり。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 大倉に大きな駐車場あるも有料。8時から営業と思いました。駐車場まで舗装。
オフシーズンの平日は無料。
キャブコン可
マイクロ可
トレーラ不可
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他   

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net