サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

午前中出社とのことで、午後から登頂済みながら有史以前の為認定記 録がない大山(相州おおやま)へ登ってこようかな、と思っていたの ですが、予定より早く開放されてしまったので予定を変更して鍋割山 へ登ってきました(何しに行ってきたかは内緒)

鍋割山といえば、名物ご主人の作る鍋焼きうどん。僕もそれが楽しみ でお昼だけ食べに何度か山上へ行っておりますが、今回もお昼が楽し みでいきました。早駆けのつもりだったので、二俣まで車でゴメンナ サイしようと思って二俣の入り口を探すも全然見つからない。1時間 ばかりウロウロした挙句、結局大倉から入ることに・・・

で、大倉へ車を止めまして、長い林道歩き。大倉から二俣方面へ出る のはかなり大変ですが、大倉に車をとめたら、まず北へ向かいまして、 旧大倉山荘だかなんとかという廃屋の角を左折(右側にコカコーラの 自販機あり)つきあたりがL字になっているので道なりに右、左と進 み、つきあたりを左へ折れたところすぐのところに、「表丹沢自然教 室」と書かれた道標と、「この先行き止まり」の看板があるのでこれ に従って右へ入る。右に農家の無人販売。つきあたりがL字で右に曲 がるのでここを曲がると家畜小屋の横をかなり登っていく。7分程度 森の中を歩くと再び林道とぶつかるが、ここを右。あとは直進だ。

時間が時間だけに下りてくる人とすれ違う。さすがにこの時間から登 るのは非常識だよな、と思いつつ進む。車が路上でセキュリティ作動 なので、夜中誤動作されるとちょっとまずい。なんとしても今日中に は下山しないといけない。
僕もこの林道歩きが二俣までCT1時間半もあるなんて全然知らなく て、まあ急げば20分か30分くらいだろう、と思っていたら・・・ ミズヒ沢まで1時間もかかってしまいました。おまけに途中で雨が降 り出す始末。少しくらいなら雨具なしで歩いてしまうのですが、えら く本降りになってきている。正直いって、ここでもう「引き返そうか なあ」モードである。午前中はおお晴れだったのに、午前中は仕事・・・ なかなか悔しいものである。さすがに雨具を出さないと辛いので雨具 を着るが、なにしろ暑い、というか、もう「熱い!」くらいで、汗が だらだら流れる状態。どうせ天気悪いし冷え込んできているから2本 で大丈夫、と思っていた水の消費がえらく早い。いくら冷え込んでき ているといっても、丹沢はまだ夏なのね・・・・
二俣周辺でいくつか渡渉があるので水遊びも楽しめる。沢登りのルー トに迷い込まないように?ロープが張ってあるが、ただ単にルートは まっすぐなだけなので、よほど自爆しない限り迷う心配はない。

今日はミズヒ沢にプラドが止まっているので草野さんは山の上。いつ もここに水が置いてあって、有志の人が持ってあがるのだが、僕は二 俣から登ったのは1度だけなので、なかなか持って上がる機会がない。 (大倉から20Lだの25Lだの持って上がったことはありますが、 いつも花立までいけずに敗退している)
とりあえず今回はザックも小さいし時間も押しているので2本ばかり ザックに入れたのだが、なんか山のようにおいてあって、今日はあま り持って上がる人が少なそうだったので、最後につい衝動的に2本ば かり手で持ってしまった・・・
40分位なら手でもっても平気だろう、と思って持ったこれがやっぱ りウデに来る。後沢乗越手前で早くも荷物を下ろす醜態。ここで1本 目の水が空。手にもったやつのうちの1本をザックと首の間にのせる が、非常にバランスが悪い上、おまけにザックが後ろに引っ張られる。 そのうえボテボテと落っこちる・・・あーもう大きいザックにしてく るんだった(爆)
ミズヒ沢を渡渉して、後沢を登る。後沢の左岸を辿るが、僕は沢筋は あまりすきでないので、どうもこのあたりとは相性がよくない。ミズ ヒ沢から後沢乗越までは、急ながら距離はたいしたことはない。標高 差で150mを、15分そこそこでグイグイと稼ぐ。普通の足でも 20分もあれば登るだろう・・・多分。
後沢乗越で稜線に出るが、しかし、ここからも結構標高差があるので まだ気は緩められない。2年前と比べるとずいぶん歩きやすくなった とはいえ、まだ450mも標高差は残っている。
この稜線歩きはなかなか楽しいのだが、傾斜がめまぐるしく変わるの で、あちこちでニセピークに騙される。このへんかな、と思ったとこ ろにあと45分、なんて書かれている。手にもったペットボトルをあ ちこちで落としては拾いしていて時間がかかっているが、さすがにこ れには(T_T)。まずいよー間に合わないよー山頂まで行けないよー(T_T) 少し頑張って急ぐが、結局この45分の距離が47分もかかって山頂 に到着。20分位かと思ったのに全然ダメでした(爆)
教訓:荷物のバランスが悪いのは最悪です。というか、あんまり落と してばかりいると時間がかかって仕方がない(爆)

山頂到着が3時47分頃。さすがに4時には下山しないと日没までに 帰れないので4時には小屋を出たい。鍋焼きはあきらめて、水だけ置 いて、コーヒー飲んで帰ろうと思っていたのですが、つい長居してし まう。
4時10分のスタート。10分のビハインドを取り返さないと、と思っ て若干小走りに駆け下りる。小屋に私のほかに競技っぽいおばさん約 1名がいたのですが、後から追いかけるなんていうので、そのせいも あって割合軽快に、30分ばかりで後沢乗越へ下りてきて、5時には 二俣へ。5時40分に大倉へ戻ったのだが、もう5分も遅かったらラ イトのお世話にならないといけなかったかもしれない。
自宅へ帰って、お昼と夜をまとめて食べた。

大倉13時50分-二俣14時40分-鍋割山15時50分
鍋割山16時10分-二俣16時50分-大倉17時40分(いずれも概算)

#記憶曖昧ですが登りは多分こんなものです。下りは正確です。


最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net