サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日19日、三つ峠に行ってきました(裏口登山口より往復)

えーっと、何をとち狂ったか中央道を一宮御坂ICでおりて、 一路御坂トンネルを目指します。でもって、登山口へやってき たのが14時…えっと、これから登るんですか?まあ、登りC T1時間じゃけんのー。
この時間ですから、予想通り駐車場には空きができています。 さっきまで車が止まっていたと思われるスペースに車を入れて、 水とヘッドライトだけ持って歩きます。運動靴に綿のTシャツ。 山をナメてます。
で、えーっと、登山道は車が通れる幅で、別段面白みはないで す…まともな人は三つ峠駅から達磨石の表口から歩きましょう。 車が通れるくらいですから別に危険なところもありません。 花は端境期なのか、あんまり咲いていませんでした。でもツアー の人とすれ違いました。あれは何のツアーだったのでしょう。 CT1時間だから、20分もあれば登れるだろうと思ったので すが、結局山頂まで35分…すっかりぜいぜいしてぜいぜいさ んのまねっ子をしてしまいました。きっとぜいぜいさんがおちゃ めなコメントをしてくれることでしょう。
山頂からの展望は、当然晴れていれば富士山が良く見えて、そ れも日本でも1,2を争う富士山展望の名所なわけですが、今 日はすっかり霞の向こう側。何も見えません。
帰りは走って下山。下りが30分で車に戻ったのは15時すぎ でした。

写真 登山道はこんな感じです
写真 花です
写真
写真 三つ峠山荘の様子
写真 巨大なアザミがいました
写真 トリカブト
写真 山頂にやってきます。展望はまっしらです。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 北口登山道駐車場→四季楽園→山頂 往復
地図 2万5千分の1地形図 河口湖東部。昭文社だと富士山になります。
Yahoo! 三つ峠
地形図 河口湖東部
難易度 登山道は別段難しいところはなく、初心者でも大丈夫です。
所要時間 北口登山道入り口→四季楽園 1時間 四季楽園→山頂 15分? 下りは7掛けだから40分くらい。
他の季節 達磨石からのルートは南面になるのであまり積雪はありませんが、日陰は   凍っていることが多いので、12月を過ぎたらアイゼンを持参した方がい いでしょう。積雪が多いのは3月いっぱい位までだと思います。季節は、 空気が澄んで富士山がよく見えてくる、10月以降から春先くらいまでが おすすめですが、夏場は結構いろんな花が咲く花の山でもあるので、暑い ときと寒いときと、2回くらいは足を運んでもいいかもしれません
トイレ 舗装の駐車場のすこし上あたり。林道ゲート直下にあり。綺麗だそうだ。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 30分くらい登ったところの石製ベンチのわきあたり。登山道は車も通るのでやめたほうが吉。
交通 公共交通機関だったら達磨石からのほうがぜったいおすすめ。三つ峠入り口までバスできたとしても、そんなに時間は変わらないよ。舗装された林道歩くか登山道歩くかの違い。駐車場はあまり大きくない。駐車場まで舗装
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 特段に理由がなければ僕は達磨石から上がられるのが絶対おすすめと思う
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net