サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日の目的地は甲州高尾山。お昼すぎなので山頂直下まで車で行きます。 たりらりらーと勝沼ICを降りて東京方面へ。大善寺の先を左折します。 道はほどなくして林道へ。舗装されているけどこりゃひどい。しばらく 進むと4月25日まで冬季閉鎖…はいそれまーでーよ。冬季閉鎖には勝 てません。仕方なくひき返す。何かの拍子に変なものを踏んだらしく床 下から異音が。仕方ないので引き返した足で勝沼から国母のディーラー へ向かいます。リフトで上げられた車体は例の栗原川林道でつけた傷が 痛々しい。ドライブシャフトに枝を噛みこんでいたみたいで小一時間で 開放されるが追って本格的な修理が必要らしい。

さて、3時も回った時間に何故か国母にいます。今日は山は絶望的な状 況になってまいりました。で、思い出したのが昨日敗退した帯那山。武 田神社−要害温泉−太良峠と回れば車で1時間です。再びクリスタルラ インなる林道を走って午後4時にゲート前へやってきます。今日もまた 人っ子一人いません。ゲートわきのスペースに車をとめます。
で、今日は作戦を変えます。今日は荷物を持っていきます。でもって、 ゲートをくぐらずに、左手の未舗装の林道を上がっていきます。三角点 の奥帯那山ではなく、手前の帯那山を確実に狙う作戦です。しばらく未 舗装の林道を歩いていくと、やっぱりありました。右手に帯那山の道標。 読みどおりです。
道標に従って右手に入ると、暫くはコンクリ打ちの車がやっと走れるく らいの道を上がっていきます。すぐに未舗装になって、目の前右手にこ んもりとしたピークがみえてきます。でもって、その下には道標がたっ てます。ふっ、そこが山頂か。今日は俺の勝ちだな。
…って、近づいてよくよく見てみると、なんと昨日きたところと同じ場 所です。道標には山頂まで15分と書いてあります。ピークと思った場 所には昨日見たのと同じ東屋がたっています。
仕方ないので昨日と同じ道をてくてく歩いていきます。道は別段危険な ところはなく、多少積雪はあるものの運動靴で十分です。昨日敗退した 場所から進むことわずか30m、山頂へやってきました。傾いた道標が 立っているだけのあまり広くない山頂です。山頂からの展望はありませ ん。三角点がありましたのでここは奥帯那山です。
山頂に立ったら、長居せずに往路を下山します。目の前に1374らし きピークが見えていますが、拾わずにおくことにします。

地図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53384455

さて、日没までまだ少し時間があるのでもう1山稼ぎたいところです。
車を回して塩山の塩ノ山へ向かいます。手許の甲州百山という本によ れば「どこからでも登れる」とされているので、車を置けるところを 探して塩ノ山の回りをぐるっと一周してみます。が、車を置けそうな ところは全くありません。これを「とりつくしまもない」と言います。 おまけに周囲は私有地ばかりで山へ向かって通行することが難しそう です。
取り付きさえわかれば簡単に山頂には立てそうですが、下調べが不足 でした。諦めて登らずに帰ります。

地図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53384505

写真 林道の様子
写真 林道を歩いていきます。
写真 帯那山山頂の道標。崩れかけてます。
展望はありません。
写真 三角点があるので奥帯那山で間違いありません。
写真 林道わきに帯那山登山道の道標がたっています。
写真 帯那山高原牧場分岐。冬はここまでしか入れません。
今回はここを左へ行きました。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 帯那山牧場分岐ゲート−山頂 往復
地図 昭文社 金峰山甲武信
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはないと思います。なだらかで家族ハイキングにも最適と思います
所要時間 のぼり15分程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 東屋は多分宿泊にはあまり適していないと思います…ドアも窓もないし。
幕営適地 東屋周辺は広い草地になってはいますが、傾斜しているので…
交通 登山口に駐車場あり。駐車場まで舗装
キャブコン可
マイクロ不可
トレーラ不可
公共交通機関での入山は困難と思います
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net