サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日23日、兜山、要害山、帯那山(敗退)と行ってきました。

朝遅くに自宅を出て河口湖から御坂トンネルをこえます。目指すは大栃山。 今日は午後から雨なのでさっさと登ってさっさと帰ってくるプランです。 えーっとこのへんで左へ曲がるんだよな。えいっと曲がったらすぐに未舗 装に変わる。変な林道へ入ってしまったらしい。事前調査によると檜峰神 社までは簡易舗装のはずだからここは違うっと。で、ひき返そうとすると バックしてるトラックが前をふさいでタイムロス。さんざん待ったあげく 無事檜峰神社入り口を左折しますと、今バイパス工事中で道が錯綜してい ます。あやうくわき道に入りそうになりながら正しいルートを進むと、今 度は前からトラックです。離合できるほど道が広くないので延々と後退。 やっとすれ違ったらその先で工事。本当にこんな困難をのりこえてまで俺 は檜峰神社に行かないといけないのか?だんだんバカバカしくなってきま す。重機が道をふさいでいるので早くどかないかなあイライラ、と思って いると、工事のおっちゃんいわく、「神社いくの?無理だね」
うーん、今日はとことん大栃山に見放されているようです。

というわけで、檜峰神社への道路は今月いっぱい位(工事の人談)工事の ため通行できません。大栃山へ行こうという奇特な人は注意してってくだ さい。

さすがに通行止めには勝てません。仕方がないので兜山に転進です。えー 桃の時期でもないのに兜山ですか?何が楽しくて兜山登らないといかんの や…
なにしろ自宅の出発が遅かったのでもう正午も回っています。おまけに雨 も降り出しました。いい加減焦りはじめると車が腹減った〜言い出します。 これで10分のタイムロス。今日は日が悪いみたいです。

道路は春日居町駅前からR140に出て、なんとか小学校北とかいう信号 を北西方向に曲がります。手許の「山梨県の山」とかいう本にはまずたど り着くのが大変云々のくだりがありますが、この信号さえ曲がってしまえ ば要所に案内が出ているので迷うほうが困難です。離合の困難な舗装道路 をぐるっとゴルフ場の裏手を回っていくと、ぐえっ未舗装のひどい林道が やってきます。といっても、駐車場までは50m。ゆっくり進めば普通車 でも問題ありません。
駐車場にはトイレが整備されています。車は10台くらい止められそうです。

予想通りですが、こんな雨降りの平日に、こんなよくわからん山に登ろう なんて酔狂な先客は誰ひとりとしていません。っていうか、登るんですか? バカですか?アホですか?まーここまできたし、登るんですかねえ。 というわけで、雨の中アホが1人歩き始めました。すぐに右手に東屋があ り、この中に立派なパンフレットが置いてあります。それによると山梨百 名山兜山、と書かれていて、これから登る登山道の写真や地図まで載って います。立派ですがこんなものを作っても採算取れませんから〜残念! でもって、すぐやってくるゲートをこえると、はじめは林道跡ですね。車 が通れる位の幅の道を登っていきます。というか、最近車が通った痕跡が あります。ぜへぜへしながら10分くらい登ると右手に登山道の入り口が 見えてきます。もうちょっと林道を直進すると左手になんか滝があるよう なのですが、僕は滝を見る趣味はないのでここは迷わず右手に入ります。 まー今日は登山口から山頂まで1時間だから楽勝だべ、と思ったら結構厳 しく登らされます。道はしっかり整備されていますがハイキングコースと いうよりは登山道と言った方が似合う道です。一気にいくかと思ったら1 回荷物を投げ出して、2回目もやっちゃいました。雨に濡れて座り込む様 はなかなかみじめです。雨脚はだんだん強くなってきます。ひどく濡れは じめるので雨具を出して上だけ着込みます。雨具のフードをかぶって下を 向いて黙々と登るとだんだんバカバカしくなってきます。
スタートから30分もすると稜線へやってきます。ここを右手に曲がると 山頂です。ですが、登山地図だけ見てるとわかりづらいと思うんですけど、 兜山の最高点はここを右手に曲がった三角点の位置ではなくて、ここを左 に曲がって20分行ったところになります。って、パンフレットにしっか り書いてあるじゃん。
右へ行こうかなー左へ行こうかなー、と迷った結果、とりあえず先に左の 最高点へ行くことにします。またぜへぜへ言いながら登っていきます。こ れが結構登らされます。
途中右手に棚山への分岐があって、これがだいたい中間。棚山へは何とか いけないものか画策してみたのですが、どう地図を見ても兜山からは尾根 続きじゃないんだよね…どういうルートで行くんだろ。相当下るんだろう な。踏み跡はしっかりしていたのであんまりバリエーション臭くない道だ ろうと思います。(っていうか、道標がある時点でバリエーションじゃな いような…)
で、もうちょっと頑張ると最高点にやってきます。樹林に囲まれて周囲の 展望はありません。道標の1枚もない地味なところです。俺、一体ここで 何やってんだろ…何のためにきたのか良くわからない場所でした。 パンフレットに「ピーク」と書くくらいなら道標の1枚くらい整備してく れたって良さそうなものを、です。
でもって、戻って今度は山頂へ。分岐からはものの5分で到着です。三角 点の脇に山梨百名山の例の立派な道標がたっています。山頂からは展望が ありませんが、南の方へ3分ほどいったところに展望台があり、ここから 石和の市内がよく見えます。展望図によると御坂山塊のむこうがわに富士 山も見えるようなのですが、なにしろ雨ですからすぐ下の町並みが見える のがやっとです。桃の季節は綺麗らしいのですが、今の時期はちょっとね…

で、展望台へいってみて、あれ下山路がない。展望台のところで踏み跡が 途切れてしまっています。仕方がないのでいったん山頂へ戻ります。
山頂から東の方に踏み跡が続いていますが、この踏み跡はバリエーション の香りがします。この踏み跡を下るととんでもないところに連れていかれ そうです。あんまり考えても仕方ないので往路を戻ることにしました。
降りてくると、ゴルフ…してる人がいるよ。この雨の中物好きもいるもんだ。

でもって、今度は要害温泉に車を回します。武田神社のあたりはよかった のですが、だんだん酷い道になってきます。離合もできないような道にな ると「要害」とかいう、なんか酷い名前の温泉宿が右手に登場します。 要害山→、という道標が右手に立っているので、ここを右手に曲がります と、すぐ左手に登山口。げっ車止めるスペースなんかないじゃん、と思っ たのですが、ここまできたら後にはひけない。右端に目一杯寄せて、もう 荷物も置いて雨具だけ着て山頂に向かって走ります。登山道はしっかり整 備されています。山頂まで15分くらいでしょうか。もう足も上がりませ ん。とりあえず山頂は展望がないことを確認したら下山してきます。意味 不明です。車を止めるスペースさえ不自由するこの山は一体どんな人が登 りにくるんでしょうかねえ。

続いて、太良峠を目指します。場所は要害温泉のすぐ上ですが、離合など 絶望的な簡易舗装の道を上がっていきます。周囲は霧で真っ白。先の方は 何も見えません。時折道路に落石が。うーんこれは酷い道路だ。でもって、 その先には人家が。日本の神秘ですね。でもって、太良峠から迷うことな く林道へ。
すでに三山目。いけるところまで車でいってピークをゲットしてくるのだ。 それが大人ってもんよ(意味不明)ということで林道へ入ると、入り口に 「冬季通行止」と書いてある。げっそうきたか。でもゲートあいてるから 入っちゃえ。ということで進んでいきます。2つ目のゲートも余裕でクリ ア。なあんだ山頂直下まで車入るじゃん、と思ったら山頂手前1キロの所 でゲートに阻まれます。ま、ここまでくれば歩いてでもいける。ふたたび 空荷でゲートをくぐり、舗装道路を走ります。…と思ったのですが、いつ の間にか走れない体になっていたんですねえ。すぐに歩きに変わります。 1キロですから歩いても12分。雨に霧に夕暮れまじか。条件は最悪です。
舗装道路をテクテクと進んでいくと、左手にアヤメ群生地1分、の道標。 ここだ、とばかりに入ると…ラッセルです。誰も入った形跡などありません。 それも登山靴ならいいのですが、どうせ山頂まで5分も歩けば着くさ、と 思っているので運動靴なのです。ま、稜線に上がれば雪はないだろ、と思っ てそのままラッセルします。すね位のラッセルで別にキツくはないのです が当然靴に雪が入り込みます。目の前がアヤメ群生地でした。当然のこと ながら雪に覆われてアヤメはどこにも咲いていません。今日はアヤメを見 にきたのではなくて帯那山の山頂をゲットしにきたのだよ。とりあえず右 手の高いほうが山頂っぽいのでそっちへ行って見ます。上へ上がると東屋 がありました。予想通り地面が露出しています。この裏手からさらに上の 方へ向かって歩いて…10分くらい歩いたでしょうか。全然山頂がやって きません。←弓張峠、という怪しげな道標はあったのですが、山頂を示す 道標はありません。登山地図ではどっちが山頂かイマイチわかりづらく、 おまけに一面ガスで山頂を見ることもできません。装備が装備なのでこれ 以上深入りするのは危険と判断してひき返します。引き返して、ハイ、ア ヤメ群生地のわきに道標が立っていました。いわく、山頂まで15分。 また花が咲く頃にやってこいってことだろうな。

←弓張峠の道標があったということは、少なくとも弓張峠までは道が続い ているということで、弓張峠までいければ水が森へもいけそうな感じです。 ちなみに、冬季通行止は4月いっぱい位だったと思います。
写真 檜峰神社入口
写真 兜山への道。途中に冬季閉鎖ゲートがあったので冬はもしかしたらアウトかもしれません。
写真 兜山登山口の駐車場はこのくらい。写真で見るよりも狭いと思います。奥の建物はトイレ
写真 兜山登山道の様子。よく整備されています。
写真 兜山登山道の様子
写真 棚山の分岐標識。兜山山頂と兜山ピークの間にありました。
写真 兜山最高点の様子。最高点にこだわらない人は行ってもあんまりいいことはないかもしれません。
写真 兜山の山頂。山頂からは展望がありません。
写真 兜山山頂の道標。右手が展望台。3分です。
写真 バリエーションの香りがするふみあと。多分ここを下れば駐車場に戻れるんじゃないかという気がするんですけど、一抹の不安も。
写真 兜山展望台からの展望図
写真 道標はよく整備されています。
写真 登山道が整備されはじめるとこういうゴミみたいな看板が立つんだ。
写真 場所が変わりまして、要害山です。
写真 立派な石碑が建ってますが
写真 登山道はこんな感じでよく踏まれています。
写真 こんな案内板もありました。
写真 要害山の山頂です。
写真 山頂は広くなっていておべんとに最適ですが展望はありません。
写真 場所が変わりまして、帯那山へ向かっています。これは林道を歩いているところ。
写真 です。
写真 帯那山の登山道の様子はこんな感じでよく踏まれていると思います。


区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 兜山登山口−山頂 往復
地図 昭文社 金峰山甲武信
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはない。なだらかで家族ハイキングにも最適と思います
所要時間 のぼり1時間 くだり40分程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 駐車場に用意されています
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 多分幕営適地はないと思います…
交通 登山口に駐車場あり。
キャブコン可
マイクロ不可
トレーラ不可
公共交通機関での入山は困難と思います
登山計画書 出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net