サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

大洞観察棟より入山。10mもあがると左手にかっこいい滝が見える。 しばらくは地図とおりの林道を歩き、727の標高点左から林道終点まで。終点の位置は地図通り。水線を左へ渡る橋をわたり、スギの植林の中を歩いていく。やがて再度左岸へ戻る橋を渡ると、いったん少し沢を離れる。今日は実は登山道がどこをとおっているのかノーチェックなので、このあたりから斜面を上がっていくのかと思いきや登山道はさらに沢をたどり、850付近は2箇所でナイスな滝が見られる(現地には地名が入っています)
さらに登っていくと右から大きな沢が入り込んでくる。沢は枯沢。ノドをこえたあたりでもう1度右岸へ渡りこの本谷沿いにあがった950付近で尾根にとりつく。左のはっきりした長いやせ尾根から行き、この尾根が消えかかるところで右へトラバースしていく。やがて篠井山から西北西へ伸びる尾根に南側よりとりつき、ここからが急な登り。尾根の上へ出ると篠井山北側の稜線も見えてきて、さらに進み左の谷が埋まってくると山頂は近い。
山頂はそこそこの広さだがめいめいが隅のほうでかたまる平らなところがなく狭い山頂。展望は富士山方面は綺麗。月夜の段や青笹、高ドッキョウ方面は尾根に取り付いて少しあがったところからしか見えず山頂からは見えない。すこし早いお昼にし、あまり人の入っていない登山道を戻っていった。
静岡のカジワラに立ち寄った後、ビッグロックで人工壁遊び。登山後の壁遊びはちょっとキツかった。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 大洞観察棟〜林道終点〜山頂往復。
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 特に難しいところはないと思いますが、多分カバーしている登山地図がなく地形図での登山になると思います。
しかも地形図には登山道は書かれていません。読図練習中の人におすすめ。登山道ははっきりしているのでハイキング気分でOKです。人工林の山で趣には欠けると思うのですが、とりあえず富士山は綺麗。
所要時間 のぼり2時間〜2時間半、下り1時間半
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり汚い。しかもカギ破損。少し下にトイレあり不明。さらに下にトイレあり普通。2車線道路途中の公園にトイレあり綺麗。男女各1
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 適地らしい適地は山頂を含めてない。
交通 バスではきづらい。大洞観察棟に駐車スペース5台。舗装状況不明
トレーラ不可
バスコン不可
キャブコン可
登山計画書 登山口では出せない。山頂に名簿記入用紙あり
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net