サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

恵那の予定でしたが、急遽予定を変更して会津駒へいってきました。
24日(2003.5.24)の山行になります。

西那須野塩原ICから走ること100キロ2時間半、ひたすら真っ暗 な桧枝岐に入り、登山口で1泊。寒くてあまり眠れず、2時間もする と明るくなってきたので歩き始めることにする。
スタートは4時半。綺麗についた木の階段をあがり、展望のない樹林 の中を一本調子で上がる。登山道は実に歩きやすく整備されているが 結構きつい斜面なので少しペースはゆっくり目。時期的にはブナの新 緑が見ごろで、ヤシオツツジらしきもの、それに白い花(登山道でみ かける白い花と黄色い花と紫の花と赤い花の区別はあきらめている= それって全部?)まだつぼみの方が多く1週間くらい早かったようだ。 30分程度でヘリポート跡に出て、ここからは少し疎林に変わって展 望も出はじめる。すこし雪をふみはじめ、入山から1時間ほどで水場 に到着。登山口を出るときにやってきた外人さんが追い越していきこ こで2番手に。

水場より上は常時雪を踏む状態になり、一応念のためアイゼン、と思っ て12本を持ってはいたが実際にこの積雪量を目の当たりにすると驚 き。雪質はキックステップで上がるには固いがアイゼンなしでいける 中途半端な固さ。ちょっと足元に神経を使いながら、あっという間に 離された先行者の足を辿る。
少し尾根を登ると右手に会津駒の山頂が見えてきて、左手に特徴的な 2つコブの独立峰燧ケ岳の展望。至仏山や景鶴山は稜線の影で2000 m付近まで登らないと見えない。谷川方面や上州武尊山も見えるらし いのだが残念ながらガスの中で心の中で見るような状態。

一面真っ白でスキーの跡も残った2000m付近の台地から駒の茶屋 の立つ2060を右手方向に巻く2020mの鞍部付近までやってく ると、すーっと血の気がひいて足が前に出なくなる。先週あたりから 血が薄い感覚はあったのだが、トレーニング不足の体にはちょいとオー バーペースだったのに加え、寝不足と胃腸の低調で最近朝食が少なめ だったのも効いていた模様。このえらく気持ちのいい場所で、燧ケ岳 の展望をおかずに手持ちのチョコレートを一箱全部あける。これで調 子も復活。
先の外人さんは山頂直下を登っているのが見える。休憩中に追い越し ていった別の1名はその少し下で3番手。食べるものも食べて調子良 く山頂へ向かう。山頂は東面が樹林の中であまり展望なし。西面はや はり縁遠い山平が岳。鷹巣ルートもいいが、できれば恋ノ岐沢から行 きたいもの。まったいらな山頂というイメージが強いのでこの角度か らは見ただけではわからず、山頂の展望図でカンニングした。
先の2名はすでに下山開始なので1人の山頂。時期が時期なので静か なのかと思ったが、下山中に出会った人の数といったら!
おまけに荷物を広げていると、恵那山の避難小屋に宿泊予定で買った お酒の瓶が1本ザックの中に・・・そりゃ日帰りにしては妙に荷物が 重いわけだ。

水場まではスタンディンググリセードとヒールキックで走るようなペー スで調子良く下山。そこから下は泥はねに気を使いながらのあまり気 持ちの良くない下山となった。

さて、水場ですが、モノは試し、と口をつけるため降りてみました。 結果・・・雪で埋まってたよ。雪渓を相当下までくだらないと水は取 れそうになかった。水の流れる音がしておりブリッジになっていそう 。雪渓に乗る勇気もなく、早々に退散してきました。

タイム(概算)

 駒ケ岳登山口 4:30
 水場     5:30〜5:42
 2020   6:38〜6:50
 山頂     7:05〜7:20
 駒ケ岳登山口 8:24
 ※標準コースタイムとかけ離れた時間です。通常のぼり3時間20分、くだり2時間程度と思います

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 駒ケ岳登山口→山頂往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 非常に歩きやすい登山道。迷うであろうところもありません。標準的なハイキングの注意に準じます。
所要時間 登山口→ヘリポート跡 45分
ヘリポート跡→水場 45分
水場→駒の小屋 1時間30分
駒の小屋→山頂 20分
山頂→登山口 2時間〜2時間20分
上記時間は標準的な足でのタイムです。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり綺麗だが電気なく夜は・・・。林道奥にはトイレなし。
水場 本文のとおりです。ヘリポート跡付近から15分くだったところにもう1箇所水場がありますが、15分下ったら相当だと思う。
避難小屋 ありません。営業小屋=駒ノ小屋は完全予約制です。
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。
交通 公共交通機関:会津高原駅からバス。1日4〜5本。場所がら車が便利だと思います。駐車場まで舗装

登山計画書 登山口で出せます。用紙備え付け
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 注意してほしい。西那須野塩原ICから約100キロ、2時間+の一般道走りになる。IC近くの数件以外コンビニの類はもとより、夜間営業している「何か」はまったくといっていいほどない。夜間移動ではガソリンの残量に注意。塩原を過ぎると道は比較的良い状態で線形も悪くない2車線道路が続く。制限40のところが80で流れていたりするが、塩原付近は日中かなり渋滞に巻き込まれる。 時期によっては新潟回りでは道路通行止めで入山できないこともある。 バスでいくとすれば、会津高原に電車で出てそこからバスで2時間弱?と地図に書かれていた。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net