サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日16日は、敗退です。それも、凄いマヌケな敗退です。諏訪山Aへいってきました。

朝4時に起きて、車を走らせます。距離は150キロほどでさほどでもないのですが、 自宅から登山口まで、一切高速道路はありません。絶望的にアプローチの悪い山です。 オール一般道で、5時間近く運転して、地図の裏面の広域図をたよりに、八王子から入 間→飯能、と走りR299志賀坂峠をこえて道の駅上野へやってきます。高崎東北常磐 各線東北上越山形秋田長野行き各新幹線はお乗換えです。だから、その上野じゃなくて、 群馬県の、日本の最果て上野村の上野です。えーっと、登山口はこの近くだったよな。 と思って、地図の表面を見ると、ん?何かヘンです。表面にのってる諏訪山の登山口は、 とっくの昔に通り過ぎています。あれ?んー、地図の表面と裏面とを必死になって見比 べます。どうやら、この近くには「諏訪山」という山は2つあって、表面には諏訪山A (1207m)だけが、裏面には諏訪山B(1549m)だけが掲載されているような のです。

でもって、僕が登りたい諏訪山は、諏訪山Bなので、地図がありません。家を出るとき にちゃんと諏訪山がのっかってることは確認しておいたのですが、のっかっている諏訪 山が別の諏訪山だとはまったく気づきませんでした。
諏訪山ははじめていく山で、登山道はおろか登山口もコースタイムもわからないので、 これは登ることは不可能でしょう。ハイ、敗退です。

でも、金欠状態の中ここまでやってきましたので、何も登らずに帰るのは忍びないです から、諏訪山Aの方を登っておくことにしましょう。

登山口は、志賀坂トンネルの北側坑口を出てすぐのところ西側にあります。ちょっと広 い未舗装土地の駐車スペースがあり、だいたい10台くらい。フリースペースなのでま あ工夫次第でいろんな車がとめられるでしょう。公共交通機関でのアプローチは、なに しろ場所が上野村です。どこから出ていつやってくるか知れないバスに乗り、しかもバ ス停から最低2時間は歩く覚悟が必要でしょう。

登山口には、まったく何の標識もありませんのでちょっと不安ですが、確かにここが諏 訪山の登山口です。入口は杭が打ってあって車が入れなくなっているところなので、こ こを入ります。2分か3分くらい歩くと、はじめての道標がでてきます。これで確かに ここが諏訪山の登山道であることが確認できます。いわく、左が尾根コース3キロ・山 頂まで90分。正面が谷コース3キロ・山頂まで90分。のぼりはとりあえず尾根コー スをとってみることにします。登山道はのっけから急なのぼりで、志賀坂トンネルの上 の稜線をめざします。入口付近は杉の植林で、すぐ落葉樹になります。もう葉は落ちて しまっています。あとは尾根通しなのですが、ちょっと急なところもあってしんどい思 いをします。ちょっと踏み跡は薄い感じがしますが、さほど幅のない稜線伝いですから まあ迷うようなことは、余程地図見ないで非常識な行動を取らない限り考えにくいと思 います。危険なところはないでしょう。コースタイムで40分くらい行くと、谷コース の方と合流します。あとは尾根伝いに歩いて、最後の道標がベンチのわきにあって、山 頂まで2分と書いてあります。山頂まではひと登りで、あっけなく頂上へついてしまい ます。金時山よりまだ楽でした。

山頂は大半を祠が占拠しています。展望はありません。せっかくの好天ですから、なん とか樹林の間から覗いてみようと試みるのですが、まあ標高の低い山ですし、西上州の 山が断片的に見える程度です。この山頂は気持ちよくありません。憑かれるとイヤなの で2分下ったところのベンチで昼食にします。ここからは東側の展望がひらけます。す こし右の方に岩登りで有名な二子山が見えています。丁度この山は二子山のお隣の山で す。

帰りは、まあどうせつまらんだろうと思って谷コースを下ります。のぼりで40分くら いですから、下りは特筆するようなこともなくあっけなくもとの駐車場へ戻ってきまし た。でも、この谷コースは紅葉が綺麗かもしれないですね。

下ってきて、車の距離計はリセットされていませんでした。ということは、登って食事 して下って、2時間かからなかった計算です。2時間弱の登山のために、今日は11時 間46分運転しました…よく頑張ったよ。
でもって、帰りは山中湖から西湘BPへ抜けると、丁度カーヴ・ぜいぜいが通り道なの で、今日も立ち寄ってルビー色の怪しい液体をゲットしてきました。

諏訪山違いがなければ、この山はおそらく一生登ることはなかった山。まあ、たまには こんな出会いがあってもいいことでしょう。


ちなみに、帰りは小海へ抜けたのですが、ぶどう峠越えは道がところどころ白くなって おり、スタッドレスタイヤが必要と考えていいと思います。気温は昼間で0度前後です。 八ヶ岳は、赤岳にちょろっと雪がついていましたが、見た感じでは本格的な雪はこれか らという感じです。編笠山あたりは下から見る限り雪はまだのようです。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 志賀坂トンネル登山口〜尾根コース〜諏訪山〜谷コース〜登山口
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★★。ちょっと入山者が少なく、踏み跡が怪しいところがあります。ただし登山道自体の難易度はそれほどでもなく、危険な所もないでしょう。体力的には余裕です
所要時間 登山口→諏訪山 90分
諏訪山→登山口 60分
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません
交通 本文のとおり。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では提出できません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net