サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

一昨日17日は、経ヶ岳〜多良岳、雲仙普賢岳、脊振山へ行ってきました。

多良岳:経ヶ岳〜多良岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=49303050
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=49303055&slidex=0&slidey=800

島原:普賢岳
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=49301200

脊振山:脊振山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=50301205

経ヶ岳−多良岳

多良岳は昭文社の地図でカバーされていません。困ったなあと 思って本屋に行って、ガイドブックを入手します。ガイドブッ クでの登山はチョンボですが、まあ仕方ないでしょう。等高線 の入った地図ものってますし、たぶん多良岳だから大丈夫です。

別府から長崎道をひた走り彼杵へやってきます。黒木集落へは 大村ICが近いので大村ICを降りて黒木集落へ。黒木集落へ はバスもやってきています。

で、道路のどんづまりに舗装の駐車場があるのでここを使いま す。この駐車場、バス転回場も兼ねているようなのでバスが転 回できるスペースを残して一番奥に駐車します。転回するスペー スを残しても10台は軽いでしょう。この駐車場にはトイレが ありました。
今日は多良岳に登って、経ヶ岳へ縦走して多良岳へ戻ってくる 予定です。登山口へ向かって駐車場から少し下ります。入り口 に経ヶ岳登山口、と書いてある道標がありますのでここを入り ます。しばらくは舗装された道で、現住のものと思われる家の 前をとおり、耕作されている田んぼの脇を上がっていきます。 やがて登山道らしくなります。沢筋の薄暗い登山道です。さら に道標がありますが、山火事注意の看板の方がやたら目立ちま す。で、しばらくは沢の脇に登山道がついているのですが、や がて枯れた沢の中を歩くようになります。黄色いペンキがつい ているのでそれを目印に上がっていくと、横にロープが渡して あります。こういうときはたいてい沢から脇の尾根へ上がるん だよな、と思って左と右とを凝視しますが踏み跡らしきものや テープらしきものはありません。正面も見てみますがこちらも ペンキらしきものがありません。

困りました。どっちへ進んでいいのかわかりません。多分沢筋 だろう、と思って沢をそのまま上がります。やがて滝状の石が でてきたので右手の斜面に取り付きました。これで完全にルー トをロストです。が、いざとなれば帰り道はわかっているので、 そのまま先へ進むことにします。適当に斜面を上へ向かって歩 きます。10分くらい頑張ると稜線に出ます。稜線には立派な 踏み跡がついていますのでこれで安心です。上へ向かって歩き ますと、10分くらいで山頂につきました。よし、まずは多良 岳の山頂ゲットだな、と思って、道標を見てみるとなんと経ヶ 岳と書いてあります。多良岳に登っているつもりで経ヶ岳に登っ てしまいました。これは立派な遭難です。

ガイドブックの地図には黒木から沢筋を通って直接経ヶ岳に出 るルートなど書かれていません。が、経ヶ岳と書かれているの でここは経ヶ岳なのでしょう。幸い、山頂からは石の上まで上 がれば周囲の展望が得られます。とにかく、地図とじっくり見 比べて下る方向を決めます。かなり急な岩の下りをこなします。 結果、無事平谷越へ出てきました。これで歩いている方向が間 違ってないことが確認できます。右手に折れて多良岳方面へ歩 きます。小一時間と読んだのですが、30分ほどで左中山キャ ンプ場右黒木、の道標がやってきます。どうやら金泉寺のわき へやってきたようです。
ここまでくれば15分も急登をこなせば多良岳の山頂に立てる はずです。が、いけどもいけども地図に書いてある急登がやっ てきません。もう少し進んだところに、金泉寺はまだ先、の道 標がやってきます。疑心暗鬼です。もう僕には歩いているとこ ろがわかりません。道標が違っているのか?ガイドブックが間 違っているのか?とにかく道標は金泉寺は先と言っているので 先へ進みます。もう30分も進むと、再び左中山キャンプ場右 金泉寺、の道標がやってきます。こっちが地図上に書かれてい る分岐だったようです。結局予想通りの小一時間で金泉寺脇へ やってきました。

金泉寺分岐からは石段を登ります。わきに石像があって、下駄 や靴が備えてありましたので、そっち系のいわれがあるのでしょ う。でもって、多良岳山頂まで0.3キロの道標がやってきま す。登りは急登ですが0.3キロならついたも同然です。すぐ 国見岳とかいう分岐が出てきます。国見岳とはいかにも登高欲 をそそらない名前ですが、道標には1分と書かれているのでつ いでなので登っておきます。西側の展望が開け海まで見渡せま す。少し下って、石段を登ると多良岳の山頂へやってきます。 山頂から周囲の展望はありません。山頂には石造の大きな神社 があります。いわく、太郎嶽三所大権現だそうです。信仰の山 だったんですね。

で、復路は黒木へ直接下ります。分岐から金泉寺へは5分ほど。 お寺というほどの建物はありません。僕のガイドブックには焼 失したと書かれています。で、金泉寺のわきに山小屋がありま す。どうやら営業小屋だったようですが、張り紙がしてあって 管理人がおりてしまったようです。入り口には鍵がかかってい て使うことができません。トイレは使えるでしょうが、水場の 方は怪しい感じがします(蛇口がついていますが捻りませんで した)
で、もう少し下ると西野越にきます。展望はありません。西野 越で右へ折れて、少し下ったところにオオキツネノカミソリと いう花の群落があります。7月下旬には花を咲かせるようで、 こいつが花の百名山の根拠になっているようですが、なにしろ 多良岳は標高996mです。5月の今日でさえ暑いくらいなの に、7月になんか登る折には、ひっかぶる水まで持っていかな いとやってられません。
で、花ですが、咲いてませんよ。ハイ、咲いてません。フンだ。 あとはなんかスギ林の中を下って、面白みのない登山道を歩き ます。黒木まで1.7キロの道標のところで林道にぶつかりま す。舗装されていますが荒れてしまって供用されてないと思わ れる林道を歩いていくと、鎖のチェーンがしてあって、その手 前に15台くらいの駐車場があります。で、もう少し下ると、 出てきたのは確かに黒木バス停のところなんですけど、なんと 経ヶ岳登山口から橋を1つ渡ったお隣の道路でした。登山口か らして登るところを間違っていた次第です。

雲仙普賢岳

で、バカが調子こいて長崎彼杵(そのぎ)までやってきてしま いました。もう少し走れば雲仙です。雲仙は、前回きたとき雨 の中の登山で、しかも道を間違えて普賢岳に登れず妙見岳の山 頂に出てしまいました。で、一応認定登頂済みではありますが 心残りになっています。登山口まで100キロ以内だったら行っ て登ろう、と思ってカーナビをセットしますと、約80キロと 表示されました。まあ九州の道路事情なら1時間半だろうと思っ て雲仙へ向かいます。大村ICから諫早ICまで高速道路で快 適に走って450円のETC前払い割引16%引き。が、諫早 (いさはや)市内で渋滞につかまります。なかなか先へ進んで くれません。結局仁田峠へついたのは1時近くなってからでし た。
雲仙の市内から仁田峠(にたとうげ)へは仁田峠登山道路(有 料)を走ります。がこいつがまた高い道路で770円も取る。 しかもニコニコ現金払いで割引なし。
高いと思って僕が免許取ってから3度しか走ったことがない箱 根ターンパイクよりさらに高いのか。まあ九州までやってきて いますから、多少高いのは目をつぶることにして、この道路を 走って仁田峠に車をとめます。この道路は午前8時からの営業 なので早い時間に登山をしようと思っている人は注意です。 ツツジが見ごろとのことで、平日だというのに駐車場は一杯、 観光バスまで止まっています。最終日になって、ようやくツツ ジにヒットです。あたりはツツジが満開で、膨大な数の観光客 がいます。こんなに人を見たのは久しぶりです。で、少しぐる ぐるします。雲仙まで登る予定ではなかったので地形図は自宅 にあります。今回は地図なしで、問題のガイドブックだけが頼 りです。
えーっと、登山口どこだっけ…と思って展望台の方へ歩いて、 ロープウェイの建物の裏にひっそりと道標が立っていました。 うーん、前回きたときは確かこんな場所じゃなかったような記 憶があるんだけどなあ。まあいいや、と思ってここを辿ります。

走れるくらいの平坦な道。登山道へ入れば一気に静かになりま す。と書きたかったんですけど、結構人とすれ違います。それ も登山装備の人ではなく、観光目的でついでにやってきたといっ た風情の人です。まあ展望台のあたりよりはずっと静かか。
で、えーっとこのあたりに野鳥の水飲み場があります。とかな んとか書いてあります。途中に神社?と思われるようなところ があり、ここが全国森林浴百選の薊谷となっています。どうや ら紅葉がとっても綺麗なところらしいです。ここから中急斜度 になり、少し道も悪くなります。が、まあここを登る大多数の 人が履いている運動靴でも問題ないでしょう。もう少し頑張る と紅葉茶屋という分岐にやってきます。茶屋といっても茶屋が あるわけでもかつてあったわけでもないようです。

ここで右手に折れると普賢岳はまもなくです。僕の足で仁田峠 から普賢岳まで25分でしたので、だいたいコースタイムは1 時間20分から30分くらいと思います。少し時間の余裕があ る人は仁田峠の下の園地の駐車場から歩くと770円安くなり ます(僕は前回きたときは下から歩きました。そう悪くない道 です)
普賢岳からは真正面に平成新山が見えます。あっちの方が高い 山ですが、さすがに平成新山は入山禁止です。噴煙は上がって いませんが、平成2年に噴火した山で、まだ噴火の跡が生々し い感じです。

帰りは往路を下山します。妙見岳経由で帰る手もあったのです が、今日は九州を離れる日で時間が押しています。

で、車に戻って、温泉です。今日は小地獄温泉会館の再訪をし なければなりません。雲仙温泉のここが実に泉質が良く、雲仙 までやってきて温泉に入らない手はありません。で、過去の記 憶を頼りにぐるぐるすると、ありました。道路から奥まってい るところで特徴的な建物が見えないところでした。で、入浴し て、温泉滞在時間、20分。さらに車を走らせます。

脊振山

諫早ICから長崎道にのって、さてどうするか。このまま九州 を離れてもいいのですが、通り道に脊振山(せふりやま)があ ります。いったんインターから降りなくてはいけませんが、イ ンターから片道20分位と読みました。ついでだからと思って 立ち寄ることにします。東脊振ICなんてわかりやすいICを 16時45分に降ります。諫早からは約90キロで、もう15 分待つと通勤割引5割引が適用されるのですが、1000円位 余計に払って15分を買います。で、センターラインのない道 路を走って、山頂に一番近い登山口へやってきました。で、こ こはどこかと申しますと、山頂直下5分…あぁまたゆきさんに 怒られる…まあ今日は3座目ですから行けるところまで車で行 くんです。
駐車場は航空軍隊レーダー基地の門のところを右手に入ります。 20台くらい止められるでしょうか。駐車場にはトイレのほか に自販機がありますので、水を持たずにやってきた人はここで 飲み物を買っていくといいでしょう。まあ何も持たずに登って も問題ありません。駐車場の少し下のところにテントを張るス ペースがあります。が、ここまでの道路は夜間〜5時まで通行 止めです。

脊振山も昭文社の地図ではカバーされていませんのでガイドブッ クに頼ります。高いガイドブックでしたが、これだけ使えば十 分もとはとれたという感じでしょう。
登山道は自衛隊基地のわきの柵沿いに階段がついています。普 通の遊歩道といった感じで、まあハイヒールでは無理と思いま すが運動靴なら楽勝です。で、ろくに歩かないうちに山頂がやっ てきます。そりゃそうだ、山頂まで等高線が3本か4本しかあ りませんから〜残念!
山頂には神社があって、その奥に放送施設らしきものがありま す。えーっと展望はぐるっと一周ですが、なんでこんな山にやっ てきたんですかねえ。僕のガイドブックには下から歩く道が紹 介されてますけど、(鶴見岳もそうですが)こんな山登るため に下から歩けと言われても、僕は嫌ですから〜残念!

帰りは往路を下山します。

で、少し走って、鳥栖ICから高速道路に乗りました。明日は 蒜山(ひるぜん)なので頑張って走ります。が、黒木から700 キロ位走った、広島を少し過ぎたあたりで眠気です。このとこ ろ夜中までメール書きをしていて、睡眠3時間4時間が続いて います。まだ蒜山まで200キロ近くありそうですが、もうこ れ以上走れないのでここでリタイヤです。おやすみなさい、 ZZzz。。で、結局蒜山は登らずに帰ってきました。

写真 多良岳です。駐車場はここを使いました
写真 こんなところを歩いていきます
写真 で、たんぼの脇へ出てきました
写真 道標はこんな感じ。
写真 登山道はこの位で踏まれているのですが本文参照のこと
写真 ボケちゃってますが、花です
写真 花です
写真 経ヶ岳の山頂。石の上にのっからないと周囲の展望は得られません。背の高い人限定です。
写真 無事平谷越へやってきました。
写真 こちらは中山越。
写真 花、です
写真 金泉寺脇からは石段になります。
写真 多良岳の山頂
写真 金泉寺小屋。閉鎖された模様です。
写真 だそうです。
写真 黒木〜多良岳間は登山道はこの位踏まれています
写真 林道へおりてきます。ここまでは車では入れません。写真で見るよりも結構荒れているところが多いと思います。
写真 もう少し下ると駐車場へ出てまいります。
写真 場所が変わりまして、普賢岳です。仁田峠へやってまいりました。
写真 ツツジが一面満開です。
写真 普賢岳の道標をみつけました
写真 登山道はこんな感じで運動靴でも余裕です
写真 山頂から平成新山方向を望みます
写真 山頂から平成新山。
写真 場所が変わりまして、脊振山です。駐車場は広いですが、トレーラは取り付き道路が細いので下に置いてきたほうがよかとです。
写真 登山道はこんな感じで風情もへったくれもありません。
写真 こちらが山頂です
写真 山名板。脊振山標高1055mとあります。
写真 下ってくると軍隊施設の脇へでてきます。門の右側が駐車場への取り付き道路。

区切り線

*経ヶ岳〜多良岳の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 黒木〜大払〜経ヶ岳〜平谷越〜中山越〜金泉寺脇〜多良岳〜西野越〜黒木
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 一応縦走だと★よりは体力が要ると思うので★★くらいにしておきます
所要時間 黒木〜経ヶ岳 2H30程度
経ヶ岳〜多良岳 1H30程度
多良岳〜黒木 1H40程度
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 経ヶ岳登山口上のバス転回所にあり普通。金泉寺小屋にあり普通。西野越から黒木に向かって降りて林道とぶつかった所にあり汚い
水場 僕が水場と認定できるような所は1箇所もありませんでした。金泉寺小屋の水場は本文のとおり。
避難小屋 ありません。金泉寺小屋は営業小屋ですが閉鎖された模様で中に入れません。
幕営適地 金泉寺のあたりとか。
交通 大村駅からバスが出ていますが朝の便は少ない模様。大村駅からタクシーを頼むと良いらしい。 車の場合、道なりに左へ曲がった道路終点バス転回所に車を止められる(トレーラ可)ほか、その少し手前のカーブの所を(道なりではなく)まっすぐ進むと道路終点に未舗装の駐車スペースが15台分くらいあります。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  
*雲仙普賢岳の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 仁田峠登山口〜紅葉茶屋〜雲仙普賢岳 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 文句なしに★と思います。危険な場所はありませんが、手ぶらで行くにはちょっと距離があります。水と雨具くらいは持っていってください。
所要時間 登り1時間30分 下り1時間。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 仁田峠駐車場にあります。状況不明ですが観光地の駐車場なのでおそらく綺麗でしょう。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ありません。まあなんとか山頂に張れないことはないとおもいますが、仁田峠の駐車場は夜間使用禁止です。
交通 仁田峠に駐車場があります。50〜100台程度。観光バスでも大丈夫です。
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  
*脊振山の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 脊振山山頂直下5分駐車場〜山頂 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★をつけるほどは難しくないと思います。
所要時間 登り5分 下り5分。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 脊振山山頂直下5分駐車場にあり状況不明
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 本文のとおり。
交通 脊振山山頂直下5分のところに駐車場があります。
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net