サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日15日は、市房山(二百名山)・尾鈴山(二百名山)へ行ってきました。

市房山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=48313055
尾鈴山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=48313350&slidex=2000&slidey=400

市房山−昭文社 霧島・開聞
尾鈴山−昭文社 祖母・傾

市房山

えびのPAで夜を明かして、朝になってから市房神社にやってきます。 道路を上がってくるとキャンプ場があって、登山者用駐車場と書いて ある。でも道路はまだだいぶ続いているなあ。登山口の偵察と思って さらに先へ進むと、ずいぶんと先へ進める。なんだこりゃあ、と思っ ているうちに林道が行き止まりになって、そこに駐車スペース。登山 届提出ポストもある。なんだこっからも行けるんじゃん。少しトクし た気分でここから歩き始めます。尾根まで5分歩くとキャンプ場から の道と合流します。ここを右に折れます。石畳の道で遥拝道っぽい雰 囲気です。すぐに「三合目」と書かれた道標が出てきます。もう少し 上がると上に寺社が見えてきます。ここは四合目です。
四合目のすぐ脇には水が出ています。その奥にはトイレがありますが あまり綺麗ではありません。
四合目から上に上がる登山道はわかりにくい場所についていますが、 建物のわきを上に上がっていくので見落としたらそこを探します。四 合目をこえると普通の登山道に変わります。けっこうやせた尾根をあ がっていくので少し慎重にいきます。角度は見事に急斜面。ぜへぜへ 言わされて汗を搾られます。地図には6合目に水場のマークがついて いますが、この水場は枯れていました。
7合目あたりを過ぎると少しづつ空が広くなってきますが、展望は出 てきません。8.5合目付近に幕営によさそうなスペースあり(2張 りくらい)
斜度を緩めはじめるともうすぐ山頂です。山頂まであと5分の標識が かかっています。
山頂はわりかし広くなっていますが、なんか変な石碑やらクズみたい な道標がいっぱい貼り付けてある汚い山頂。展望は西面がひらけてい ます。このへんだと何が見えるのかなー、霧島山や阿蘇山とかも近そ うだけどそれっぽいのは見えないなあ。

帰りは往路を下山した。で、3合目を過ぎて、わきへ入り駐車場へ。 なんとなく1合目から歩かなかったことがチョンボしたみたいでバツ が悪いような気がしました。

で、時間が早いので明日登る予定だった尾鈴山へ向かいますが、ちょっ と思案します。屋久島の記録がまだホームページにあがってないので す。記録を書く方の手が追いついていません。また夜中までかかって 記録書きか?でも、ここは記録より山の方を優先します。110キロ 離れていますが九州の道路事情なら一般道路で2時間15分です。

で、こっちも尾鈴神社という神社を目指して車を走らせます。尾鈴地 内の細い道を上がっていって、まず最初に広い駐車場がありトイレも 設置されています。うーんこのへんかな?ここは展望地へ行くだけの 道でちょっと違いそうです。少し上に上がったところに登山道入り口 みたいなのがあって、向かいに駐車スペースがあります。ザックを持っ た人もいるのでここかな、と思ってクルマを降りて登山口を覗いてみ ると、白滝コースとかなんとか書いてあります。残念ながらここはバ リエーションルートの入り口のようです。
とすると、登山口はもっと上。さらにクルマを走らせます。すぐに道 は未舗装に変わります。結構上までいけます。僕は道が結構荒れてい るので途中でクルマを放棄して歩いたんですけど、普通車でも地図上 の赤線の1時間分、丸々林道で車であがってしまいます。正面登山口 のわきまで車が入ります。ただ、駐車スペースは4,5台くらいでこ の日はいっぱいでした。
今日は2山目ですので、最短コースの正面登山口から取り付きます。 ほぼ一定ペースの中急斜度のコースで、ほとんど斜度に変化がありま せん。結構単調な登りです。危険なところはなく、踏み跡もまあまあ しっかりしています。で、50分後、山頂に立っていました。入り口 に山頂まで1時間30分とかかれていますが、だいたいその位のコー スタイムの山でしょう。
山頂からの展望はありませんが、結構緑がいい感じです。登山道は雑 木っぽい感じで、山頂付近は新緑でした。

帰りは往路を下山します。

写真 駐車スペースはこんな感じで線までひいて区画されています。とても林道の終点とは思えません。10台くらい駐車できます。
写真 三合目が登場します
写真 4合目より下の登山道はこんな様子です
写真 花です
写真 寺社です。結構立派です
写真 水場は細いですがよく出ていました
写真 花です
写真 市房山登山道七合目。合目ごとに道標がたっています
写真 市房山の山頂です
写真 山頂をひいたところ。みっともない道標がやたら一杯あります
写真 登山道の様子。9合目より上と思います
写真 だそうですので、多分なにか珍しい花か動物かが咲くのでしょう。動物は咲かないか。
写真 場所が変わって尾鈴山です。駐車スペースはここを使いました。
写真 林道をテクテクします
写真 道標はよく整備されています。
写真 山頂まで1時間30分です。楽勝です。
写真 登山道はこんな感じで写真で見るよりはしっかり踏まれていると思います。ただしやせた尾根なので、危険というほど危険ではないですが十分注意してください。
写真 1合目登山口という具合に、市房山と同じで合目表示があります。
写真 尾鈴山の山頂。展望はありません

区切り線

*市房山の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 市房神社奥林道終点−市房山三合目−市房山 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★★くらいかなあ。著しく危険というわけではないのですが、著しく安全という登山道ではないです。
所要時間 登り3時間程度。くだり2時間
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 林道終点にはありません。キャンプ場のあたりには多分存在することでしょう。山頂にはありません。。
水場 四合目に水が出ています。六合目の水場は枯れていました
避難小屋 ありません
幕営適地 8.5合目に2張り程度。山頂にも張れると思います。
交通 公共交通機関での入山は無理なんじゃないかなあ。林道終点の駐車場は10台分くらいか。下のキャンプ場のところ(登山者用駐車場と書いてあります)は50台くらいとめられそうだった。舗装状況不明
登山計画書 林道終点に登山届けがあり、用紙筆記用具備え付けになっています
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  
*尾鈴山の山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 正面登山口−尾鈴山 往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 林道を歩かないなら★。林道を歩くようならおまけで★★くらい。特に危険なところもないし、急な登りもありません。
所要時間 登り1時間30〜1時間40分程度。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 尾鈴バス停から上がってくると、登山口の手前に大きな駐車場があって右手にトイレがあります。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 山頂
交通 尾鈴バス停までバスがきていますが、正面登山口までは2時間くらい林道をテクテクしないといけないと思います。
舗装の終点に大きな駐車スペースがあって、ここにでしたら車はいっぱい止められます。正面登山口まで1時間の林道歩き
正面登山口まで車で入った場合、道路わきに4,5台の駐車スペース。舗装状況不明
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net