サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

北尾根登山口田中澄江碑前に9時20分のやや遅い到着。駐車場は公称30台となっているが20台がいいところ。最後のスペースを確保して登り始める。登山道は広くはっきりしており段差の少ない歩きやすい道だが、変化の少ない単調な道で北尾根登山道よりも中尾根登山道の方がよかったとの弁。
登山道わきには100mごとに標識がかけられており現在の標高がわかるようになっており、これを頼りに登っていく。途中水場の標識があるも下り5分のわきにわざわざ登り15分と書き足してある素敵な看板。降りる意欲は全く起きずそのまま進み、出発から1時間半ほどの登りでアヤメ平に到着する。一面のアヤメとはいかなかったが花のほうは今が旬な様子。
アヤメ平の休憩所は状態普通で宿泊に適する。寝具なしトイレなし。

ここからさらに裸山へ足を伸ばす。裸山の方は一面のアヤメになっている。代わりに展望は雲に覆われて残念ながらまったくなし。富士山のすそだけちょこっと見ておしまい。ここでアヤメを見ながら昼食をとり、昼食を終えたところでぜいぜいさん一行とバッタリ出会う。
歩き始めたところで雨が降り出し、このまま下山かなと思ったがすぐに止んだのでここから唐松岳のほうへ足を伸ばす。アヤメ平から先は迷うほどではないがあきらかに踏み跡が細い。あまり踏まれていないふみ跡をたどってたどり着いた唐松岳は盛り上がってさえいない本当に何もない場所。きつねにつままれたような気分になって元のアヤメ平に戻り、北尾根登山道を下ってもとの田中澄江碑のところまで戻った。


ほこら小屋の方は2000年新築で綺麗。宿泊に適します。寝具なし水場トイレあり
田中澄江碑のところに仮設トイレあり。ほか登山道脇2箇所にトイレあり汚い。
登山計画書は登山口では出せません。

写真 登山道の様子はこんなかんじでとても歩きやすい
写真 登山道わきで咲いていたなんかの花
写真 アヤメ平付近。ロープでかこいがしてあります
写真 こちらがアヤメでございます
写真 アヤメ。一面…とはいきませんでした。
写真 別の角度から
写真 さらにアヤメ
写真 ミヤマキンポウゲだそうです
写真 これは裸山の方です
写真
写真 写真
写真 写真
写真 展望はこんな感じ。右端が櫛形山で正面が富士山ですが富士山は雲の中。南アは全滅でした。
写真 写真
写真 グンナイフウロ?
写真 写真
写真 これは唐松岳へのふみ跡。写真で見るより現地で見たほうが踏み跡は薄いです。
写真 唐松岳頂上
写真 オダマキです
写真 ミヤマキンポウゲとか
写真 みやまきんぽうげ
写真
写真 北尾根登山道のふみ跡具合はこのくらい

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 北尾根登山口→裸山→唐松岳→北尾根登山口
地図 昭文社 甲斐駒・北岳。2万5千図だと夜叉神峠になります。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 初心者にもおすすめできます。道もしっかりしており、入山者も多く危険なところもありません。
所要時間 北尾根登山口→アヤメ平 1H40
アヤメ平→裸山 30分
裸山→アヤメ平 20分
アヤメ平→北尾根登山口 1H10
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ ほこら小屋にあります。
北尾根登山道上の2箇所にあり汚い。
北尾根登山口(田中澄江碑)には仮設トイレあり
水場 ほこら小屋にあります。
北尾根登山道上の1箇所にあり(水量未確認)登山道から下り5分登りかえし15分。
避難小屋 アヤメ平休憩舎は程度普通で宿泊に適する。寝具・トイレなし。
ほこら小屋は綺麗で宿泊に適します。
幕営適地 無雪期だとあちこちで花が咲くのではないかと思われるので、適地はほこら小屋わきだけとしておく。それっぽいスペースはあちこちにあった。
交通 北尾根登山口前:30台。中尾根登山口前:3台。南尾根登山口前不明だがあるとみて良さそう。丸山林道終点は普通車厳しい。県民の森の駐車場は広大。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net