サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
ここで紹介した時期にはバリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。
写真
ウサギ追いしかの山

霧藻ヶ峰へいってきました・・・というか、雲取山敗退してきました。

鴨沢から登れば簡単に登れるのはわかっていたので、わざわざ雁坂トンネルをこえて三峰から取り付 き。
それなりの覚悟を決めてきたので,わかんにアイゼンにピッケル、それに節分豆とビールに鳥鍋と重装備。
嬉々として歩きまして、雪の中を歩いていくとまもなく登山口。
置いてある登山者ノートを見ると、 最後の登山者が1週間前。しかも「ラッセル深くギブアップ。ここか ら帰ります」とか書いてある。っておいおい、ここは登山口だっちゅーの。

さすがに登山口で帰ったらトホホなので、見なかったことにして先へ進むと,登山口から5分の所でトレースが消えている。少しつぼ足で進ん だが、ひざ近くまで沈むのでわかん装着。

わーいラッセル〜と調子こいて嬉々として進む某1名。しかし、この1名、 肝心なことを忘れている。雲取へは距離が長いのだ。

炭焼き下ではすね〜ひざ下、その先はひざ下〜ひざのラッセル。3時間半 ばかり経過して1341ピークを過ぎた頃、後ろから団体さんがやってき て交代。

前は辛そうだったけど、うしろをついていくのは楽チンだった(^^; って、あんた3時間半もラッセルしてたでしょうが(^^;;;
霧藻ヶ峰までは結局5時間半。写真撮る余裕もなく、撮影枚数はわずか18枚でした。


当然,雲取山まではいけませんでした。あと距離は7キロ以上残ってます。

写真 登山口付近の積雪はこんなかんじ。
写真 こちらが登山口。
写真 標識はこんな状態でした。
根元まで埋まってないだけマシ。
写真 いきな霧藻ヶ峰である。写真をとっている余裕なんか全然なかった(^^;
右は小ピーク。
左は白岩山・芋の木ドッケ。
正面が雲取山。
写真 和名倉山方面を見る。
写真 同じ場所の縦構図。トレースはありません。
写真 これはベンチである。といいますか、見えているのはテーブル。座るところはもっと下。
写真 霧藻ヶ峰からの展望。
写真 霧藻ヶ峰休憩所をふりかえる。
写真 お約束の標識と両神山。今は登れるのだろうか
写真 こちらが秩父宮のレリーフ。
写真 すっかりトレースのついた道を帰ります。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 三峰神社→霧藻ヶ峰敗退
地図 2万5千図 雲取山 三峰。昭文社山と高原地図だと奥多摩か雲取山ですが冬季ですので2万5千図が安心。
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 積雪具合により・・・
難易度
所要時間 ラッセルになると所要時間などあってなきもので・・・・無雪期ですと雲取山まで1日でいきます。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にあり綺麗。
水場 ありませんが、冬季ですので
避難小屋 ありません。霧藻ヶ峰休憩所は宿泊可
幕営適地 ありません
交通 三峰口駅からタクシーで2000円くらい。三峰神社の駐車場は500円・日。
トレーラ入れるスペースはあります。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口で提出可
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net