surugi 甲武信岳 2017.09.26-28- tozan.net
   
サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

以下のとおり報告します


■期間 2017年9月26日〜28日
■山域 奥秩父 
■目的 無雪期ピークハント
■参加者 脇屋(信)
■コース、所要時間

 26日  9時40分頃 毛木平
     13時頃    甲武信小屋

     17時10分頃 甲武信小屋
     17時20分頃 甲武信岳
     17時40分頃 甲武信小屋

 27日 停滞

 28日 6時30分頃 甲武信小屋
     8時54分頃 毛木平


26日

9月いっぱいまで籍があるのですが、もう上がってこない ので書いてもいいだろう。懇意にしていた小屋番が退職す ることになった。なったので、送別会をしようと思って、 9末の週末を甲武信岳に充てた。のだが、ちょっと時間が 取れたので、日程を早めることにした。完全、プライベー トの山行のつもりである。

例によって、小屋へ電話しますと、しゃぶしゃぶ買ってこ い、とか言っているので買います。大半は地元で買ったの ですが、うっかりして買い忘れの品があったので、川上村 のナナーズにも寄りまして毛木平へ行きます。

水線沿いの登山道を行きます。離れの新築作業をしている ため、2m近い長さの木材の歩荷作業中ということで、先 週目立った台風での倒木はほぼきれいに処理されていまし た。ちなみに、この離れができあがったら、小屋内の荷物 を整理して懸案だった更衣室を作ってくれるとのことでし た。

ナメ滝付近は源流登山道でもなんとか色づきがある場所の 1つですが、まま、色づきがはじまりまして、今週末〜来 週くらいにかけてはそこそこ見られる状態だと思います。

荷物がしゃぶしゃぶ一式とカメラだけということでかなり 軽かったので、ほぼ休憩なしで小屋まであがります。

「わっきー、いつ帰るんだ」
「明日帰ります」
「へ?」

へってなんだ?と思ったら、なんか、明日小屋に誰もいな くなるので留守番を頼みたいらしい。そういわれても明日 下山の届出してきてるし、すっごく変更しづらいのですが 申し訳ないのですが今回は登山届変更ということで1泊伸 ばしました。

基本僕は厨房に立たないのですが、背負ってきましたから 僕が賄いの準備。本日の夕食は、スタッフとお客さんといっ しょに、ということになりまして、じゃあ、食事はじめま しょう、というタイミングで電話が鳴ります。いわく、山 頂にいるのですが、ガスが濃くて下山できなくなったので 泊まれないかとのこと。小屋までこられますか?と聞いて みましたが、怯えているのがわかったので、もう1人で歩 くのは無理だと思って、先に食べてて、と言い残して迎え に行きます。本当に久々に全力での運動。

で、帰ってきて、


わっきーが飛び出してったから女じゃないかと思ったら案 の定、とか言われましてね…


27日

朝はかなり焼けまして、ちょっとばかり写真を撮りました。

社長は下山、小屋番は歩荷に行きまして、僕が1人で小屋 の留守番。今日スタッフが2人上がってくる、はずだから、 というものの、「はずだから」って何だ?

というわけで、1人で残されます。昨日も1桁今日も1桁 の泊まりですから、洗い物を拭いて、ひととおり小屋を掃 除しまして、布団を敷いてしまえば、昼過ぎには職務から 解放されましてあとは電話番しながらスマホいじりに興じ ます。歌の練習でもしようかと思ったのですが、少しのど にきているので声が出ません。こういうときにかかってく る電話は雑誌社だったり市役所だったりして返答に窮した りするわけです。

この日は風呂たてる日ということで風呂に入れさせてもらっ たところでもう緩んじゃって、消灯前に終了してしまいま した。

28日

かなり本降りの雨です。

「わっきー、この雨の中帰るの?もう1泊していけば?」

と言われますが、その手にはのらない、いや、のれないの です。

「今日いたって仕事がないでしょー」
「いや、いればいくらでもあるんだ、棚の片づけとか」
「…うん、帰ります」

今回はプライベートできているから、仕事はまた改めて。

ということで下山。雨ふりの1日で予約0の日なので誰も すれ違わないかな、と思ったら2組あがってきました。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 毛木平−甲武信岳−毛木平。このコースは甲武信岳への最短ルートになりますが、東京方面からですとぐるっと回り込まないといけないの で車の走行距離は伸びます。
地図 Yahoo! 甲武信ヶ岳
地形図 金峰山
難易度 のぼり4H弱くらいで、日帰りする人も結構います。危険箇所もなく、源流から先で少々急登があるだけなので体力的にも厳しいルートで はないでしょう。
所要時間 毛木平−ナメ滝 2H
ナメ滝−源流碑 1H30
源流碑−甲武信岳 1H
他の季節 小屋が営業していない期間があります(12月〜4月末くらい)お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋、十文字小屋、毛木平P
水場 支沢の水はすべて飲めるそうですが、沢水はカウントしないのがこのホームページのルールなので。
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋
交通 車の場合、須玉ICから1時間30分くらい。終点直前は未舗装になりますが、道路は荒れていません。駐車場は舗装され水平です。区画 の駐車場なので、5mより大きい車は基本的に不可。トレーラは切り離してうまく入れれば止められないことはありません。
林道のゲート前は荷揚げに使用しているので、ゲート前にはとめないでください。
登山計画書 不明
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net