サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

甲武信岳の小屋では、僕らには客食は出してもらえない。 一般のお客さんが夕食を食べるのを横目にストーブにあた り、空腹に耐えながら待ちます。2回戦目の、ツアー団体 客が夕食を終える頃になると僕らは調理場に呼ばれ、小屋 番と一緒に従食を頂きます。
お酒は、僕が5月に屋久島へ行ったときに買ってきた「三岳」。 幻の酒だとかいう具合に言われてますが、実はフェリーター ミナルで普通に買いました。でも、内地ではなかなか飲め る酒でないことだけは確かです。同席したクラツーと朝日 旅行のガイドさんも滅多に飲める酒ではない、ということ でしたが、なにぶん僕は焼酎なんか普段飲みません。3時 から間断なく飲み続けているのでここで終了してしまいま す。この後この日はこれなかった小屋の助っ人さんからの 祝い酒(百名山完登&太平洋日本海縦断完走)がふるまわ れたのですが、1杯あけるのがやっとで最後まであきませ んでした。
結局、僕が持っていった2升は結局あけられることもなく、 Y猫さんが持ってきてくれた1升も残り、S戸さんが持っ ていったフルボトルはラベルを見ることもなく、みーんな ボトルキープになってしまいました。ただし、早く行かな いとだんだん減るボトルキープです。どんなボトルキープ やねん!名前書いといてくれって言ったら、徳さん(オー ナーの名前)って書いとくだって。こらっ!

22日は朝から雨まじりで寒い1日でした。出発から雨具 でしたが、やはり蒸れてしまって、Tシャツはかなり湿っ てしまいました。止まっているとかなり冷えるのですが、 動くと暑くて汗が出ます。状況としては難しい状況ですけ ど、最近は登りCT5時間くらいではびくともしません。 背中に6キロの怪しい液体が入っているのに、ああ今日は テントも入ってないし荷物がムチャクチャ軽いですから、 ゆっくり行っても3時間位の半日仕事だべ?酒だ酒だ〜、 とか言ってたりらんたりらん登ります。周囲は相変わらず ガスですが、2400m付近あたりまでくると雨足もほと んど絶えたような感じで、少し日もさしてきました。軽く 登って甲武信小屋に到着です。で、お金払ったら、次にき たのが、「酔っぱらわねえうちに薪もってきておいてくれや」 ハイハイ働きますよ。どうせ雨ガスです。もう山頂へ行く のは明日にしますからね。今日はもうこのまま酒飲みます から〜残念!ストーブの番をしながら、もとい、ストーブ の前を陣取って酒を飲み続けます。

で、冒頭のようにして夜は更けていき、天気は悪化の一途 です。僕がトイレに出たときは、小屋の前までガスに包ま れてトイレの方向がわかりません。僕は何度もこの小屋へ きていますから、目をつぶっていてもトイレ行けますが… 他の人は大丈夫だったのでしょうか。
夜になってだいぶ雨が降ったようですが、泥酔してますか らわかりません。一般のお客さんの寝床と別の、管理人室 の一角が寝床に割り当てられたので早く起き出してゴソゴ ソする人もいなくて、朝明るくなるまで全然気づきません でした。小屋の外で、日の出が上がるとかなんとかいう声 が上がったので目が覚めました。外を見ると極上の快晴で す。隣のY猫さんになんで起きて山頂行かなかったん?っ て聞いたら、朝天気悪かったからとか言う。外見たら地面 が真っ白です。どうやら、雨どころか、明け方は雪になっ たらしい。
朝の外気温はマイナス4度でしたので、一番冷え込んだ時 間にはマイナス6〜7度だったと思われます。どうせ宴会 をしに上がってきたんだし甲武信岳の山頂なんか死ぬほど 踏んでるから改めて山頂へ行くことはないのですが、折角 極上の天気になりましたから山頂を踏みました。稜線は強 風で体感温度はマイナス10度以下です。Tシャツに雨具、 素手といういでたちではかなりしんどく、早々に下山して きました。
写真 甲武信小屋です
写真 甲武信岳山頂へやってきました
写真 甲武信岳山頂から御座山方面
写真 甲武信岳山頂から三宝山方面
写真 雪の具合はこんな感じ。初雪だったみたいです。
写真 えっと、富士山が見えました
写真 空の色が綺麗でした。完全に秋空というよりも、これは冬ですな…
写真 えーっと、多分金峰山方面の展望。
写真 山頂から、富士山が見えました
写真 紅葉は1600m付近でちょこっとだけど、このまま色づかないで枯れちゃうような感じがします

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 西沢渓谷−甲武信岳−西沢渓谷
難易度 特に難しいところはないと思うのですが、体力的にはちょっと厳しいので★★か、甘めにみて★★★をつけてもいいかもしれません。
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
所要時間 西沢渓谷−1869 3H
1869−甲武信岳 3H
甲武信岳−西沢渓谷 4H
他の季節 小屋が営業していない期間があります。お正月の積雪は30センチでたいしたことはあり ませんが、樹林帯の中なので正月すぎには厳しいラッセルになる可能性が大です。GWあ たりは普通に入れますが積雪はあります。シャクナゲは6月で、この時期が一番混雑します。
トイレ 甲武信小屋、西沢渓谷Pから徒歩30分の地点。但し冬季は閉鎖。
水場 小屋で売っています。1L50円
避難小屋 ありません
幕営適地 国立公園内のため幕営不可。指定地は甲武信小屋
交通 車の場合、勝沼ICから29Km、約40分
一宮御坂IC経由でもほぼ同じ時間になるはず。
オギノ脇から塩山駅のゲート下をくぐってすぐ左へ折れ、恵林寺わき経由でR140へ出るのが一番早いと思う。駐車場まで舗装
(2005.3.20追記) 西沢渓谷へは山梨市駅からバスになります。(塩山駅からのバスは廃止になった模様)
登山計画書 山ほど提出ポストがあったが、ちゃんと見ているのかな・・・・?
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net