サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

茅ヶ岳 2004.10.24

今日24日、茅ヶ岳にいってきました。(日本二百名山…って、茅ヶ岳 は別の意味で全国区だから注釈要らないか)

風邪っぴきなのであんまり運転せずに済んでチョロい山という条件で選 んだのですが、予想以上に体調が悪く厳しい山行になってしまいました。

深田公園へのアプローチは非常に簡単で韮崎ICを下りたら正面のT字 路を右折。あとは道なりにまっすぐ行くと左側に立派な看板が立ってい る。深田公園の駐車場は過去にトレーラを入れた実績もあり観光バスも 止められる巨大車両可の駐車場。今日あたりでも結構一杯になっていた ので早い時間の到着がベター。駐車場には新たに仮設のトイレが設けら れた。
はじめは供用中の林道から歩き始め、5分ほどいった先の深田公園との 分岐のところで供用を廃したような林道跡に入る。両脇に尾根が出てい て展望はない。この林道跡をテクテクとしばらく歩いていくと登山道を 立派な林道が横切る。道標は両サイドに立っており混乱することはない と思う。
林道跡はだんだん幅を狭め、登山道らしくなってくると間もなく女岩へ 出る。ここまでは楽々かと思ったが、やはり風邪の影響か足が進まない。 CTは駐車場から1時間20分だがここまでは斜度がゆるいのでここで 1回目の休憩を取ると丁度良いと思う。女岩は水場になっているが、こ の日はよく出ていた。
女岩を過ぎると右手の尾根に取り付く中急登に変わる。足場は岩と土が 混ざってやや良くない部類か。運動靴では辛そうだ。はじめは斜面を斜 めにあがっていき、しばらくすると尾根と尾根の間のカール状のところ に入る。このあたりは紅葉している木がいくらかある。
カール状のところに入ったら上に見えている稜線が偽ピークなしに素直 に稜線になるのでそこを目指して頑張る。いや頑張るほどのこともない 余裕の斜面。
稜線に出たら山頂までは20分くらい。岩の露出したところが多くちょっ と尾根のやせた部分もあるので多少注意を払いながら登っていくと分岐 から5分で深田久弥終焉の地がある。この裏手の樹林の切れ目から晴れて いれば金峰山が見える。
山頂へはあと少し、歩き足りない位の距離で出る。女岩からは1時間。 山頂は割合広いが人の数は山頂の広さより多い。一昔前は茅ヶ岳なんか 昭文社の地図にも載ってない不遇の山だったような気がしたがルートの 手頃感からか大変な人気になっているようだ。
山頂からの展望は背の高い人限定。背の低い木が周囲に生えていてその 上からでないと見えないのだ。展望は八ヶ岳と南アルプスは鳳凰三山、 甲斐駒とその裏側の多分北岳。それに金峰山瑞垣山方向。霞が出て富士 山までは望めなかったが条件がよければ見えるはず。
下りは尾根経由の別ルートもあるが水場を通過したかったので往路下山。
林道跡歩きも手頃な距離で飽きる前に登山口に着く。
深田公園の標識の誤植(過去ログ漁って下さい)もいまだ現役でした。

歩き足りないので富士山が見えていたらついでに三つ峠でも、と思った が残念ながら富士山はガスの中で見えていませんでした。

写真 深田公園駐車場の様子
写真 はじめはこのくらいのところをあがっていきます
写真 少し黄色がかった葉に太陽が透けていました
写真 深田久弥終焉の地
写真 山頂
写真 稜線の様子。紅葉している木もまばらですがありました
写真 女岩。直下へは落石のため立ち入れませんが
写真 水場の様子。導水されています
写真 百の頂に百の喜びあり。見づらいですが
写真 道路をあがってくるとこんな道標がわきにたってますのでこれを目印にしてください。これは韮崎IC方向を見たところ。くるときはこれと左右反対になります。
写真 駐車場は観光バスも入るサイズです。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 深田公園−茅ヶ岳往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 とくに難しいところはありませんが、地形図にひかれた道は違っていますので注意。
所要時間 登山口−女岩 1H20
女岩−山頂 1H

山頂−登山口 1H50
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口に仮設のトイレが設置されています。
水場 女岩。私がいったときはかなり水量豊富に出ていました。
避難小屋 ありません
幕営適地 張って張れないことはないと思いますが
交通 深田公園に駐車場あり。駐車場まで舗装
トレーラ可だがスペースあれば。
マイクロ可
キャブコン可
登山計画書 登山口を歩いて5分ほどいった深田公園分岐のところにポストがあります。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net