サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

今日24日は、ぜいぜいさんシリーズです。&たけさんおさき に〜シリーズです。神室(かむろ)山へ行ってきました

神室山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=58402355

昭文社 栗駒・早池峰

アプローチのしんどい山です。実に遠い山です。南側から登る場合 東北道古川ICから鳴子温泉経由で絶望的に遠いわけではないので すが、現在山頂の神室山避難小屋が老朽化のため使用禁止になって います。南側からの登山道で日帰りは、のぼり6時間。ほぼ絶望的 でしょう。国定公園内なのでテントも張れません。今神室山へ登る には、実質的に北側の役内からのルートしかない、と考えていいで しょう。

秋田道横手ICから横手湯沢道路にのりつぎます。僕の地図には湯 沢までしか線がひかれていませんが、もう1つ先までインターがの びていますので、ここで降ります。もっとも買い物が済んでなけれ ば湯沢ICでおりた方が、お店のバリエーションは豊富だと思いま す。
川口から湯沢までは500キロくらいでしょうか。横堀駅から登 山口(パノラマコースと西ノ又コースの分岐の駐車場地点)までだ いたい15キロ位です。
役内集落を過ぎると道は未舗装の2.5m幅に変わり、登山口ま で未舗装です。普通車で余裕ですが、僕の車は底をすりました。

公共交通機関の場合、横堀駅からバスが出ています(1日12本) が、役内口までしかきません。登山口まで歩くと多分1時間半く らいかかるでしょう。横堀駅へは北上駅から北上線と奥羽本線を のりついでですから、ます横堀駅までくるだけで一仕事です。

で、まあどっちから行くか考えたのですが、パノラマコースから 登って西ノ又コースを下ることにします。パノラマコースへの取 り付きは、中急斜度といったところでちょっとしんどいです。植 生は、えっと、スギ…スギ花粉百名山ですか。で、もうちょっと 登ると植生は自然林に変わります。えっと、ブナとかも混じって ますねえ。でも花は咲いていません。標高700mの地点にいっ ぷく平と書かれた道標がやってきますが、ちょっと休憩にはしん どそうな場所です。831まで上り詰めると稜線に出て登山道が 90度折れることになっているのですが、僕にはこの場所がわか りませんでした。
で、第一ピークまで、一貫した登りでほとんど斜度を緩めません。 のぼりつめた所には右手に第一ピークとかかれた道標があります。 じゃあ第二ピークのところにもあるだろうと思って右手を注視し ていますが、第2ピークと思しきところへやってきてもそれらし き道標はありません。パノラマコースは尾根伝いのルートですが、 よく整備されており迷うようなところは落ちるようなところはな いでしょう。
僕の地図にはパノラマコースは展望の良い尾根って書いてありま すけど、そりゃあないべさ…左手側が時折ちらちらと樹林が切れ るところがないことはないですけど、右手は全然展望なしだし、 標高の低い尾根ですから、左手も三角石山くらいしか見えません。 もっとも今日は大ガスで、その問題の三角石山さえ見えないので すが…
で、前の方に量感のあるピークが見えてくると、それが前神室山 です。山頂はまあ普通で、ガスっていたので展望があるのかどう かはわかりません。正面に踏み跡がついていますが、右側に地図 に書かれていない踏み跡があります。踏み跡は同じくらい踏まれ ていて、どっちも登山道のように見えます。道標は右と正面の丁 度中間あたりを矢印がさしているのではっきりいって役に立ちま せん。
登山道が折れる場所ではないので、多分正面…と思ったのですが、 今日はガスで何も見えません。念のためコンパスを取り出して確 認してみると、なんとノーマークだった右側の登山道が正解らし い。半信半疑で右側の道をくだっていきます。うーんやっぱりな んか違うんじゃないか?と思い始めた頃下向方向の分岐がやって きます。これで進んでいる方向が間違っていないことが確認でき ました。
コンパスに救われたのは、今年入って3回目です。コンパスは必 ず持っていって、説明書見ないでも使えるようにしておきましょ うってこった。

ここまでくれば山頂まで標高差20mだし、多少登り下りがあっ ても大したことないべさ、と思ったら、甘かった。西ノ又コース 分岐まで伊達にコースタイム45分ではありません。しっかり歩 かされて、もう休憩、と思った頃に分岐へやってきました。

で、分岐から先山頂までですが、僕の地図には危マークがついて いて、両側切れ落ちていると書かれています。うーん、でも、確 かに多少注意は必要かも知んないけど、これが危険だと言い出す と、危険じゃない山を探す方が大変だと思うぞ…昭文社おどかし すぎです。だいたい、右側は切れ落ちてるかもしらんけど、切れ 落ちているところまで簡単に行けないじゃないですか。

前神室山から神室山まで、しんどいところはまったくありません。 分岐から10分少々で山頂へやってきます。で、山頂の展望はす ごいです。一面です。一面まっしら…しょんぼり
えっと、天気がよければ多分鳥海山とかが良く見えるはずです。

で、帰りは西ノ又コースを下ります。最初はちょっとザレている 急な下りで神経を使いますが、それをおりきったところにキヌガ サソウの群落。もうちょっといくと雪渓が出てきて、僕と同時に 出発して西ノ又コースをあがった人と遭遇。パノラマコースどう ですか?って聞かれたんで、よく整備されているけど1箇所迷い やすいところがあるって答えといたら、帰りも往路を下山するこ とにしたらしい。でもあんなところで迷うくらいだったら登れる 山がなくなっちゃう位フォローしておけばよかったかな。一昔前 にうつくしま百名山の某山で、いい加減なアドバイスを信じて遭 難しちゃった人がいるでしょ。んだから、無責任なことは言いた くないの。今日はガスも出てるし、ウソはついてないもん。でも、 両方歩いてみて、この西ノ又コースより絶対にパノラマコースの 方が難易度が低い。ガスに覆われた1つ目の雪渓を渡ったところ まではよかったんだけど、2つ目の雪渓がよくなかった。結構長 い雪渓をフォールラインにそって下っていきますと、左手に不自 然に土が露出した土手が見えてきます。多分登山道はこのまま下 だと思うんだけど、なんか不自然だなあ。登山道っぽいような気 もするし、下るのはいつでもできるから、ちょっと登って見るか。 と思って登ってみると、登った向こうに道標が立ってます。この 左手についた不自然な土手が登山道だったということです。

で、ここを過ぎると、厳しい下りに変わります。僕の地図には胸 突き八丁坂って書かれているな。あちこちにロープもかかってい ます。しんどいしんどいと思って下りきったところが不動明王。 石造のほこらがひとつあります。
水場は、何箇所か出ているような感じなんですけど、不動明王 の看板から1分くらい登り返した左手で出ている水が汲みやすい でしょう。でも、いずれにしても汲むのには時間がかかります。 登山道は石のゴロゴロした河原を渡渉し、川沿いを高巻いてく だっていきます。第3渡渉点とあったので、第2と第1もある のかと思ったら、これはつり橋でした。第一渡渉点のつり橋を こえるとまもなく林道へ出てきます。


肝心の花ですけど…ま、ぼちぼちでした。花の数は間違いなくパ ノラマコースの方が多く、ニッコウキスゲなんかも見られました。 パノラマコースの方が難易度も低いし、でもキヌガサソウは西ノ 又コースなんだよなあ。
巡回する場合、僕の通ったルートと逆ルートの方が難易度が低い と思います。

写真 駐車場はこんな感じで5〜7台前後。
写真 登山道はこんな感じでよく踏まれています
写真 天然林に変わります
写真 いっぷく平。あんまり広いところではありません
写真 ブナやなあ
写真 ちょっとしらけちゃってますが、花です
写真 キノコです
写真 花。銀竜草かな
写真
写真 はな
写真 花です
写真 第一ピークへやってきます
写真
写真 花。ツツジかな。もうこれ1本か2本かしか咲いていませんでした。
写真
写真
写真 オダマキ
写真 シラネアオイやねえ。結構いっぱい咲いていました
写真
写真
写真 花です
写真 イワカガミ(?)
写真 花です
写真 パノラマコースの登山道はこんな感じで良く踏まれています
写真 前神室山へやってきますとキツいのぼりはなくなります
写真 花。チドリ?
写真
写真
写真 ニッコウキスゲやなあ
写真 花です
写真 神室山の山頂へやってきました。周囲の展望は360度なんですけど、360度まっしら…
写真 花です
写真 イワカガミ
写真 キヌガサソウ。
写真 キヌガサソウ
写真 花です
写真 水場の様子。水量は普通だったと思います。
写真 不動明王。ほこらがありました
写真 滝です。河原へおりてくるとすぐ右手に見えてきます。
写真 第3渡渉点は、渡渉。ちょっと水の勢いがあるのでしんどい
写真 つり橋。第一渡渉点と第二渡渉点はつり橋をわたります
写真 川沿いを歩いていきます
写真 だそうです
写真 花の百名山だそうです
写真 林道を歩いて帰ります

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート パノラマコース分岐〜パノラマコース〜前神室山〜神室山〜西ノ又コース
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 ★★★。のぼりコースタイム4時間と、山頂直下が多少注意が必要なので
所要時間 パノラマコース分岐〜第2ピーク 2H
第2ピーク〜前神室山 1H
前神室山〜神室山 1H
神室山〜不動明王 1H40
不動明王〜パノラマコース分岐 1H40
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口にはありません。
水場 不動明王に水場があります。流量は普通
避難小屋 神室山避難小屋は老朽化のため使用が禁止されています
幕営適地 ありません。
交通 本文のとおり。駐車場まで舗装
登山計画書 登山口では提出できません。
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net