サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

霊仙山(りょうぜんさん)にいってきました。というか、来ています。

霊仙山
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=52367300
彦根東部
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=52367205&slidex=2000&slidey=800

昭文社 霊仙・伊吹・藤原

霊仙山は、大阪へ足しげく通っていた頃に、1日予定が空いたら 1度登ってやろうと思って、いつも予定が空かずに素通り。近く て遠い山でした。東名高速を西進すると、関が原のあたりで右手 に見えるのが伊吹山、左手に見えるのが霊仙山。ここを何度素通 りしたことか。

明日病院にきてください、とか言われても僕は擦り傷の親玉みた いな傷に回復した傷を病院にいって見せるほど素直じゃない。ば んそうこうを貼って、はい完了〜明日は山です。

インターは米原ICを使います。米原ICをおりると正面に霊仙 山こっちと書かれているのでそれにしたがって右折します。醒ヶ 井駅前を右折して、霊仙山登山口、の標識に従って車を進めると、 どうやら予定の登山口と違う登山口についてしまったようです。 しまった汗フキ峠へいけない。でもまあいいや。
着いた登山口は、醒ヶ井渓谷の少し東側の、浄水場、野猿公園と 書かれたところで、屏風岩の少し手前あたりです。駐車場は登山 口のところに5台分くらいあります。最後は未舗装ですがそんな に荒れていません。でも僕の車底を摺りました。入り口のところ に駐車場の案内が出ています。ちょっと細い橋がかかっているの で大きい車は厳しいでしょう。

登山口からは少し林道風のところを歩いて、すぐ河原歩きにかわ ります。沢筋ですから当然なのですが、かなりゴロゴロして足場 がよくありません。今日は運動靴なので足をひねらないよう慎重 に行きます。ペースが上がりません。
沢筋なので特に迷うようなところはないんですけど、道標の数が ムチャクチャです。まるで数さえ多ければいいと思っているんじゃ ないかという位あります。山を見にきたんだか道標を見にきたん だかわかりません。
しばらく行くと、沢筋のコースと、山腹をトラバースするコース (中道コース)との分岐にでてきます。基本的に沢筋歩くのはあ んまり好きじゃないですし、ゴーロ歩きも飽きたので中道コース へ行くことにします。登山道はスギ林の中の急登にかわります。 げっスギ花粉百名山だよ、と思わせますが、これを上がりきると 美ヶ原…じゃないな、美つくしが原、だったかな。とかいうとこ ろに出てきます。なかなか雰囲気のいいところです。新緑っぽい ところもあります。歩いているとあっちでガサガサこっちでピー ピー言います。丹沢なんかより余程鹿密度が高そうな感じがしま す。鈴鹿の山も鹿にやられてしまう日は近いのでしょうか。
途中の看板には、琵琶湖に浮かんでいる島は何某島、と書いてあ りました。そうです、ここまでやってくると琵琶湖が見えるんで すね。
さらに歩いていくと再び沢筋のルートと合流し、沢の中をつめて 鞍部までいいきます。登山地図には地名がありませんが、四町横 屋…かなあ。ごめん、写真が不鮮明だ。とにかく名前がついてい てここに看板もたっています。
山頂付近は笹原になっていてなかなか雰囲気のいいところです。 日がさしていれば最高に気分がいいのですが、冷たい風が吹きす さびます。体温も下がってきました。
少し上がると正面に避難小屋が見えてきます。避難小屋は綺麗で 宿泊に適するのですが、4分の3位が土間でがたいの大きさに比 して宿泊できるのは4〜5人といったところです。

経塚山を経て、さて問題の霊仙山の山頂です。霊仙山山頂が 1083.5、霊仙山最高点が1098。当然1083.5なん か僕は山頂と認めませんから1098だけ踏めればいい。先に 1098へ向かいます。で、踏んで、戻って、1083.5も踏 んじゃいました。あーあ。だって分岐から歩いて5分位なんだもん。 標高はそんなに高くありませんが、展望は360度。といっても 目の前の伊吹山くらいしかわかりません。

山頂付近は地形が複雑でガスが出たとき迷いやすいという話も聞 きましたが、さもありなん、って感じかなあ。ガスが出たときは 要注意でしょう。

帰りは醒ヶ井峡谷へ降りてもいいのですが、車の回収が面倒です。 霊仙山、自宅から400キロ圏内の山ですから、また来る機会も あることでしょう。往路を下山することにします。

さて、一番聞きたいのはやっぱり花の具合でしょう。なんたって 霊仙山は花百ですから〜。でも、花の具合を僕に聞こうというこ と自体が間違ってますから〜残念!
時節も調べていってないですから、花の時期すらわかりませんが、 山頂付近は笹原だからあんまり花は咲かないような気がするなあ。 下山してきたときにこれから出発する人の話だと、ナニガシサク ラとかいうのが咲いて、それが今時期らしいです。

写真 駐車場はこの位のスペースで5台くらい。
写真 登山道の案内図もありました
写真 道標は腐るほどあります
写真 踏み跡はこのくらい
写真 花です
写真 河原歩きになります
写真 ここは一の谷です。
写真 広畑コースをつめると中道コースに出ます
写真 スギ林の中をいきます
写真 花です
写真 花です
写真 花です
写真 山頂付近に出てくると展望が出ます
写真 避難小屋。がたいは大きいですが宿泊定員は少なめ
写真 山頂付近はこんなかんじ
写真 霊仙山最高峰
写真 山頂から伊吹山方向を見る
写真 です。
写真 フジ、ですか

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 醒ヶ井峡谷−屏風岩−中道ルート−避難小屋−霊仙山 往復
地図 昭文社 御在所・霊仙・伊吹
Yahoo! 霊仙山
地形図 霊仙山
難易度 登りが3時間あるので、★★くらいかな。とくに危険なところはないと思います
所要時間 登山口−山頂 3H
山頂−登山口 2H
他の季節 不明。厳冬期はラッセルになるそうです。冬季は山頂付近がガスに覆われると下山が困難になります。
トイレ 醒ヶ井駅前にあるのが最後と思います。登山口、避難小屋にはありません
水場 確認していませんが、水場より上の沢に水が流れていたから水場は出ている公算が高いと思います
避難小屋 霊仙山の山頂から15分くらい下ったところ。綺麗で宿泊に適するのですが、収容人員は4人くらい。
幕営適地 あんまりありません。避難小屋脇に1張り、程度じゃないかな。
交通 醒ヶ井駅からバスが出ているようです。駐車場は本文を参照してください。駐車場まで舗装
トレーラ不可。
マイクロバス不可
大型バス不可
登山計画書 登山口で出せます。用紙筆記用具備え付け
問合せ先・参考文献 米原市役所
http://www.city.maibara.shiga.jp/
その他
このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net