サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
写真
こちらが神山
2001.1.14

というわけで神山へ行ってきた。箱根界隈でまだ登っていない山は明神ヶ岳と神山であるが、特に神山は、実は箱根の盟主ということもあり、遅かれ早かれ登らないわけにはいかない山であった。

何故ここまで引き伸ばされたかというと、冬を待っていたから・・・・と、いうのはウソですが、神山の展望は決してよくないのは知っていたので、1つには静かな山が楽しめる冬を選んだのと、夏は夏でどうしても・・・な山が登山の対象となってしまい、後へ後へとひきのばされてしまった、というのが事実です。

さて、今回は箱根は神山、ということで、実は神山は僕の計画ではなくて彼女の計画です。というわけで、軽く行くつもりで自宅を出たのだが、箱根方面は非常に天気が悪い。おまけに登山口である大涌谷は凍っている上駐車場は9時から。最悪のスタートである。あたりは一面真っ白につき、昨日までのお気楽ハイキングよりさらにお気楽、ということで、辛うじてTシャツが化繊、というアホ具合。あ〜あお気楽登山者がまた遭難かい?状態です。

さて、9時きっかりに駐車場へ入りまして、れっつごー、ということで、あの白い霧の中へ・・・展望がよくない山なので、いいんです多少白くても、頭の上でゴーゴー言っててもどうせ樹林帯の中さ。と思って、ツテツテと歩いていきます。はじめは舗装されていて、途中で分岐するとそこからハイキングコース。決して歩きにくいわけではないものの、まあ火山質といいますか、硫黄分の多そうな土の上を歩いて、それがすぐ白くなる。といっても、土自体は完全に凍っている上、かなりサラサラなので滑ることもなくうまく進んでいく。

やがて左の方にピークが見えてきたので、彼女に、ここどーこだ?と聞いてみたが、彼女曰く、こことここの真中くらい、って、アンタ、そりゃーないでしょう。左のピークと、右の尾根が目印だから、ここ。もうすぐ冠との分岐だよ、という具合に教えたら納得してましたけど、何年登山やっているんだか・・・自分で何でもやっちゃうのは、やはりよくないようです。

で、まもなく冠への分岐にさしかかるが、地図となにやら向きが違うような気がする。まあいいやと思ってそのまま進む。5分と書いてあるが、1分少々で神社へ。ここが山頂かな、と思ったが、さすがにそんなに甘くはなく、その奥が山頂。初詣を済ませた後山頂を踏ませてもらった。

続いて元の登山道へ戻り神山へ。こちらも5分ということだったが、5分というには少々遠く・・・ちょっと距離を稼いで山頂へ。なにやら物音がするので一瞬警戒モードに入ったが、残念なことに今日の宿泊者。今日は1人(というか2人)きりのピークだ、と思ったのに、そうは問屋が卸さない。

・・・ん?箱根って国立公園内じゃないか?

というわけで、幕営は場所的には可だが、一応法律上問題があるかもしれないので、それだけ確認してからにしてもらいたい。
で、駒ヶ岳へ向かう予定だったが、少々というか、天気がよくないのでそのまま帰還。なにしろ雪が降っているのか、霧氷が舞っているか、わからない状態だ。空は真っ白で雪らしきものが舞っていて、しかも風が強いということであまり良くない。すこーし下ったところでアイゼンを装着し、あとは「温泉〜〜〜〜」という意味不明語を発しながら、下界へ向けてまっしぐら。元の道をピストンしたお手軽登山者であったのだった。

9:10大涌谷−10:30 神山
10:40神山−11:50 大涌谷

写真 この付近は火山ガスの噴出以下云々
写真 登山道はこんな感じ。空は完全に曇っていました。
写真 すすきも白くなっております
写真 外輪山を見る。
写真 木の方もこんな感じ。
写真 これが今回の一番のお気にいり写真。ん?裏焼きじゃないか?
写真 あれに見えるが外輪山
写真 三角点も白くなっており
写真 花の方も
写真 こちらが山頂。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート
地図 昭文社 箱根
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度
所要時間
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ
水場
避難小屋
幕営適地
交通 駐車場まで舗装。
登山計画書
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net