サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
ここで紹介しますルートは、
一部登山道のないバリエーションルートになります(詳細は末尾に記載)
相応の技術と装備で挑戦してください。

朝から鳥坂トンネルへ向かうが方角が悪いのでひき返して鴬宿から入 山することにする。広い未舗装の路肩が道沿いにあったのでそこに止 め、そこから鴬宿峠へ向かう舗装の林道を2分ばかり歩き、右側によ さげな沢が見えたのでここへヒョイと入渓する。水量は限りなく0に 近く、若干雪がついている程度。
40mばかり上がって道路とぶつかる予定で入ったのだが、意外とい けそうなのでこのままいくことにする。一旦大きな段差を右に高まい て左の尾根を目指す。尾根にのっかって左下を覗くと20mばかり下 に舗装された立派な林道が見えている。予想通り予定より少し高いと ころに出てしまったようだ。

少し小枝をかきわけながら進む。比較的歩きやすいが当然道なんて気 の利いたものはない。時折聞こえるシカの声。そして鳥もとびはじめ た様子。890付近で大きな沢が右から入ってくる。ここにはワイヤ の残骸があった。続いて大きな動物の足跡と糞。イノシシとはちょっ と違う感じなので猿か、もしくはカモシカか・・・
植生は、これってマツ?と聞いた覚えがあるので、マツらしき植物だっ たと思う。

970付近で左から尾根が入ってきて尾根が広くなるが、ここで1時 間半になったので休憩。少し上にあがったところに1本テープがかかっ ていたので、僕が登ってきた尾根の1本北についている枝尾根を登っ てきた人がいるのだろう。
ここから先はもうまっすぐ上へ向かうだけ。少し左は岩交じりで悪そ うだったので右側から稜線へ向かうと、1025m、いや、1028m 付近で登山道とぶつかった。で、足跡が・・・ない!登山道からの入 山者もなしですか・・・展望もなくマニア度が高いと聞いて楽しみに してはいたが、休日のいい時間に入山する人がいない、というのはな かなかすばらしい山ではないですか。
名所山への登山道は線が細い踏み跡が薄めのもの。要所に赤ペンキも あり、おそらく雪の下は踏まれたところだけ草が生えてないものと思 うが、大きく広がってしまってはおらず静かな山の雰囲気が楽しめる と思う。

で、地形図上の「名所山」へたどり着くと、そこには春日山最高点、 の標識。地形図上の春日山はここではなくもうすこし東側なのだが、 ここまで往復したところでどうということはなさそう(少なくとも 展望がないのは調査済み)なので、このピークをもって春日山とす ることにして、春日山の往復はオミットにする。

春日山(名所山)のピークは地図からはちょっと想像しづらい位奥に 長く、その一番奥に道標がついている。今日は誰もきそうもなかった ので真ん中を陣取って昼食とする。風が強く快適に座っていられる状 況ではないので、とりあえず雨具を着込み、食事が終わったらそそく さと出発。

鴬宿峠方面へは石尾根の防火帯のような感じで少し広く切り開かれて いる。実におしりそり向きの斜面。八つが真正面で、金峰〜雲取あた りまではしっかりと見える。左は南アだが悲しいことに鳳凰三山と同 じくらい高さがある左の山の山名が特定できない。
快適な稜線歩きからだんだん尾根が細くなる。地図にはない林道がだ いぶん伸びており少々とまどうが、鴬宿峠にはきちんと道標がある。 そしてさらにまっすぐ進もうとしたところ、すぐ道路に阻まれて先へ 進めなくなってしまった。一旦戻って道標のとおりに道路を渡ると再 び道路に下りる。しばらく道路を歩いたところで1050の地形図に 書かれた林道とぶつかる位置に出る。地形図ではただのカーブになっ ているが実際には三叉路になっており、ここに数台車がとめられる。 滝戸山へはここから40分とあるがこれはかなり掛け値なしの数字。 林道の裏側にある滝戸山登山口から1092のピーク、1118の小 ピークをこえた1130m付近にザックをデポし空身で滝戸山を往復。 意外とキツい斜面を登った先は広いばかりが能の何も展望のないピー ク。踏んだらすぐ引き返し、滝戸山登山口まで戻って林道を歩いて下っ た。

写真 尾根に出たところ。ふみ跡はこのくらい。
写真 リアルなものその1
写真 リアルなものその2
写真 こちらが足跡。
写真 途中からの展望。
写真 名所山の道標。
写真 春日山山頂からの展望。
写真 春日山山頂からの展望。
写真 石尾根風の稜線。
写真 八ヶ岳方面の展望。山頂付近から
写真
写真 春日山〜滝戸山稜線
写真 ナンジャモンジャ。
写真 この木は昔からナンジャモンジャといわれて以下云々
写真 峠付近には林道が延びています
写真 富士山はちょこっとだけ見えました
写真 途中林道を歩きます。写真つきあたりが三差路で右裏側に滝戸山登山口があります
写真 いきなり滝戸山山頂
写真 ぐるっと
写真 ・・・・
写真 1周展望まったくなし。
写真 でございます
写真 まる

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 鴬宿→名所山→鴬宿峠→滝戸山→鴬宿。
地図 2万5千分の1地形図 河口湖西部(昭文社だと富士・富士五湖か高尾山のどちらか)
Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 当方が登ったルートは完全に熟達者向きで一般的ではありません。
僕はあえて登山道をはずしたルートを取っていますが、春日山、滝戸山ともれっきとした登山道がついた山で、ヤブをわけなければ登れない山ではありません。むしろ、どちらかといえば初心者でも登りやすい易しい山に属すると思います。ただ、すばらしい展望があるわけでもなく、おそらく花もないでしょうからあまり山の経験がない人が登って面白いか、というと、多分あまり面白くないのではないのではないかな、と思います。積雪期の入門の山と考えれば面白いかもしれません。
所要時間 ぐるっと回って4〜5時間程度と思います。僕らはヤブこぎをしていますし積雪期だということもあるのでほぼ1日いい時間歩きました。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 登山口・山頂ともありません。精進湖へ抜ける道へ出て精進湖方面に少し走ったところ右側にパーキングエリアがあり、そこにトイレがあります。下界のトイレとしては汚い部類。
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 名所山、滝戸山山頂とも幕営可。他も比較的なだらかな山なので適当な場所は多いと思います。なかでも1171.8の三角点南側で張ると夜景がきれいだろうな、と思いました。
交通 バスは石和温泉駅から出ていますが本数は限られています。
車の場合、僕らが車をとめたところ(鴬宿の林道の入り口)ならトレーラの転回もOKでつないだまま放置できます。道のほうも悪くありません。駐車場まで舗装
トレーラ可
キャブコン可
マイクロ可
観光バスでもいけると思いますがちょっと路肩が弱いかも・・・?
とりあえず観光バスで大勢で乗り付ける山ではないと思う(笑)
鳥坂トンネル南側抗口付近に駐車スペースあり。駐車場まで舗装
トレーラ可
キャブコン可
マイクロ可
鴬宿峠に駐車スペースあり。2台が精一杯。舗装状況不明
トレーラ不可
キャブコン可
マイクロ不可
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他  

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net