サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   


大山は昨年来登りたいと思っていた山で、度々こられる場所ではないので条件のいいときに 登りたいと思っていた。
この日は朝から大雨と雷に祟られ1日順延にするつもりが朝7時すぎより晴れ間が見え山頂 も見えてくるので急遽登高とする。最初は石段からはじまり予想に反してよく整備された登 山道。ブナ林の美しい新緑の間を縫って1合目2合目という標識と標高○mの2段がまえの 道標の間を登る。5合目をこえると木も低くなりはじめ、6合目の避難小屋前で一旦休憩。 すっかりガスの中で展望に見放される。やや露出感のあるところから1600m付近で大き く傾斜をかえ広い斜面の中木道の上を歩くようになる。大山にもこのようなところがあるの かと思わせるようななだらかな場所。ひょうに降られる中間もなく山頂へ到着するが、かろ うじて見える剣が峰はやはり激しく切れ落ちている。一旦山頂の避難小屋へ入り天候の回復 を待つが回復の見込みなく、本日も500km走るので早々に下山。下りてくる頃には天候 もすっかり回復していたようだ。

昨年ひたすらに雨で時間切れで登れなかった山は、結局最後まで好天に恵まれることはなく、 期待が大きかっただけに不本意な山行となってしまった。

 8:00入山
 9:50山頂
10:30下山開始
11:40下山

注:通常のぼり2時間半〜3時間程度かかります。
Image4 大山夏山登山道
Image5 植生の移り変わりだそうです。5合目あたりを過ぎると潅木帯に変わります。
Image6 こちらが6合目の避難小屋。
Image7 いきなり山頂
Image8 山頂から下を向いたところ。
Image9 大山山頂避難小屋は綺麗になっていました。

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 大山登山口→山頂往復
地図 Yahoo! (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
地形図 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
難易度 大山といえばかなり崩壊が進んでいて危険なイメージが強いが、非常によく整備された登山道で多少の雨天で登っても特に危険な場所はない。難易度としてもわりあい易しい
所要時間 のぼりCTは3時間強だが、さすがにそれは見すぎ。標高差800mの割合単調なのぼりゆえ2時間半程度が目安かと思います。
他の季節 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
トイレ 駐車場にあり。山頂の避難小屋にはなかったように思うが・・・・
11.5記載 山頂にトイレあるそうです
水場 なし。
避難小屋 6合目の避難小屋はあまり綺麗ではなく小さいので予定宿泊不適。山頂の避難小屋は大きく快適。
幕営適地 国立公園内のため幕営できません。
交通 駐車場は有料で2箇所。さほど大きくなかったようにも思う。駐車場まで舗装
早い時間ならトレーラ可だが別のとこに置いてきたほうが。
キャブコンは問題なし。7mくらいのクラスCでもいけると思います。
マイクロバス可
11.5記載 2箇所のほかに大きいやつがあるそうです
登山計画書 登山口で提出可。用紙も用意してあったようだが事前に用意していくこと
問合せ先・参考文献 (データがありません この欄は互換性のため提供されます)
その他 剣が峰への立ち入りは禁止されています。一目でかなり激しい状況になっているのがわかりますので、ここは本当に立ち入りを避けるが安全ではないかと。

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net