サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   

雪の雨乞岳で甲斐駒見物 2003.3.21-22

ここで紹介しますルートは、
この季節は積雪の深いバリエーションルートになります。
相応の技術と装備で挑戦してください。
地図 甲斐駒ケ岳 長坂上条

行くぞ行くぞといっていた雨乞岳に行ってきました。
雨乞岳といえば鈴鹿の雨乞岳が有名ですが、山梨県のいちばん北端。 え?そんなところに山なんてあるの?なんていう地味な山です。
地図はなんと甲斐駒ケ岳なんていうかっこいい図葉ですが、標高は 2000mをちょっと出るばかりで南アルプスの一角といってもあ の大縦走とは趣を異にする静かな場所になります。

前日夜に石尊神社へ入る。20号から1本裏手に入っただけなのに えらく静かな場所。登山口は地形図上の位置ではなく945.8の 真東あたりで、2台ほどのスペースがあったのでそこに駐車する。 この上ない快晴の天気の中少し寝過ごし8時の遅いスタート。積雪 は予想と違い皆無に近く、この様子では水を作れるのかどうか心配 になる。
登山道は大きく抉れているが大量に倒木がありその機能を果たして いない。上の段に上がり思い思いの場所を歩くような状態で環境に は良くなさそうだ。枯葉が厚く堆積しており明らかに歩かれていな い様子。下にサントリーの工場、中ほどには木の間から茅が岳が見 えている。
一旦登山道は右へ回り、伐採地へ。雨乞岳へ行かれる方はここが要 注意地点で、正しい登山道は左へトラバースしていくが、ここが枯 葉に埋まってとても道には見えない状態になっている。右手の沢筋 が明らかに登りやすくこちらのほうが余計に踏まれているので、何 の疑いもなくここを上がっていくと945.8の小ピークに出たと ころで道が消える。あちこちに赤テが貼られておいるが赤テは北方 向と西方向。方角からいってどうも違いそうなので戻ってきて西へ 向かうとほどなく道を発見する。
ここからはひたすら尾根伝いで厳しく単調なのぼり。1056をこ える頃からずっと雪を踏むようになり、やがて潜りはじめる。14 00をこえると一気に積雪も増えたのでここでわかん装着。ほぼ消 えかけたトレースの上を踏んでいく。すね〜すね下くらいのごく軽 いラッセル。雪よりも登山道にはみ出した枝がことごとくザックに ひっかかり無駄に体力を消耗するのがつらい。交代で先頭に立ち 1600(ホクギの平)に立つ。夏なら2時間10分とされている が、すでに12時も回っており4時間のフル行動。
この場所に1650m、と書かれた道標があるが道標の間違いと思 われる。再び無駄にベタベタ貼られた赤テに惑わされ、北側の林道 へ降りるものと思しき赤テに誘われてしまうが方角がぜんぜん違う ので一旦元に戻る。ここで後続の軽装の人に追い越される。まさか こんなところで人に会うとは思っていなかったのでびっくりである。

展望はやはり左側南面が重要で、左下側が雁ヶ原(日向山)、上が 鳳凰三山。甲斐駒は近いが大岩山に阻まれて頭しか見えていない。

1600から少し下ったところは大崩れしておりわかんではいけな い。ここは上を巻くが、いずれにしても多少厳しいところ。水平距 離は15mか20mかだが落ちられないところ。
1660付近で、先に行ったおじさんとすれ違い。雨乞岳が見える ところまで行って時間切れで帰ってきたとのことだった。このとき 13時40分。結局トレースは1690までついており、ここから 先は真っ白。私たちもメンバーが慣れないラッセルで疲労が進んだ せいか格段にペースが落ちているので、14時20分、1690先 の平地で幕とすることにする。樹林の間からだが鋸岳や甲斐駒が見 えるまずまずの幕営地。時間が早いので外で食事をして、まだ日の あるうちに寝る。

翌朝は4時頃から歩いて山頂で日の出、と思ったのだがすっかり白 い空になってしまい出発を遅らせ5時半の出。だいぶ冷え込んだの かわかんが要らないようかな、と思って歩いてみるが沈むところは 大きく沈む。30mばかり歩いたところでわかんをつける。ほとん ど沈まずシャカシャカと歩く。昨日と違って荷物も軽いのでなかな かのペースで行くが、1797を巻く地点の枝の出具合にはほとほ と閉口。1797西の1770付近に水晶ナギとの分岐があるのだ が、この道標にも1850などと大嘘が書いてある。
ここで北へ折れる。夏は笹がひどいようだが今は一面雪で快適。雪 も軽く北八つあたりでスノーシューをしているような気分になる。 思い思いの場所を歩いていよいよ対斜面の最後の急登。雪が締まっ ていてわかんではちょっとつらいので1800をこえたあたりにわ かんをデポし、ここからはツボ足。キックステップでいくにはちょ いと雪が硬い場所があるかと思えば、樹林のやわらかいところでは ひざ上まで潜り、ときに腰まで埋まる。ちょっとペースは遅いが着 実な登高。ここ何週か踏まれていない山頂直下で、まずまずの山行 だな、と言い合って振り返ると、頭しか見えていなかった甲斐駒が 真正面に大きくせり出す。 さらに左に鳳凰三山。さらに左が富士山。すこしあけて八ヶ岳。 見事としかいいようがない。これで「まずまず」から「最高」に格 上げ。
下りはほぼ夏時間で往路を下山。テント場まで戻ってくるとすでに 山頂はガスの中だった。


さて、難易度ですが、
文句なしに初心者向きではありません。体力的にものぼり4時間と なっていますが、4時間はちょっと早すぎと思います。日帰りなら 4時間半〜5時間程度の登りをこなせるだけの体力は必要で、泊ま りだと必要な水とテントを背負って登らないといけない。

ルートのほうも、夏の写真も見ましたが、・・・・一般ルートです か?やぶこぎですか?というような状態。赤テはびっしり貼ってあ りますが、赤テ頼りというのもどうかと思います。

もっと登られてもいい山ではあるが、さりとて誰も登らないところ にこの山の良さはあると思うのでもっと登られたら魅力も半減か。
時期はやはり甲斐駒に雪がついている時期と思うがトレースはあて にできない。


検索用−山梨百名山 冬山

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 石尊神社→雨乞岳往復
地図 2万5千図 甲斐駒ヶ岳、長坂上条。昭文社 甲斐駒・北岳
Yahoo! 雨乞岳
地形図 甲斐駒ケ岳
難易度 上にも書いたとおり、間違いなく初心者向きではないし、おそらくある程度山を経験した人でないと楽しむことも難しい山ではないかと思う。そういう意味で中級者以上におすすめ
所要時間 夏だと4時間半〜5時間程度ですが、冬はトレース期待できず時間は読めない。僕らも2日予備1日で入っており、とってあった時間の半分で行って帰ってきた計算になる。
他の季節 情報の入りづらい山なのですが、断片的な情報や隣の山などからの推測です。冬季極端に積雪が多いということはないようですが、入山者の数がそれ以上に少なく、まずラッセルは覚悟し ておいた方がよいようです。軽いラッセルでだいたいCTの1.5倍程度見込めばいいでしょう。年末年始は厳しい積雪はないと思い、本格的な雪山になるのは年明けくらいだと思われます。 3月いっぱい位は雪山ですが、4月〜GWあたりが微妙でわかりません。この頃になれば新たな積雪はないでしょうから、トレ−スの方も期待できるものと思います。
いい時期はやはり甲斐駒に雪がかぶった時期。5月くらいまでか、11月〜12前半くらいではないでしょうか。
トイレ ありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地 ホクギの平、1690、水晶ナギ分岐先など。1690を使うのが一般的。
交通 登山口前に駐車スペース2台。駐車場まで舗装
キャブコン可
トレーラは道が細いのでやめた方がいいと思う。
マイクロバス不可
大型バス不可
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 北杜市役所
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto/index.jsp
その他 例年だと3月20日はもっと積雪は少ないはず。2月11日の記録で山頂に雪がない写真も見たことがあります

最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net