サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて



筆者の山行リスト

日本横断
☆太平洋日本海縦走

北海道
☆北海道の山々

北アルプス
★槍・穂高・笠ヶ岳
☆槍ヶ岳〜剱岳縦走
★蝶が岳・常念岳
☆雲ノ平周遊05
☆雲ノ平周遊08
★乗鞍岳
★燕岳・餓鬼岳
☆五竜・鹿島槍
☆水晶岳
☆白馬岳

南アルプス
☆鳳凰山・北岳・仙丈
★南ア全山縦走2000
☆日本横断敗退2001
☆南ア全山縦走2002
☆南アルプス縦走2006
☆南ア全山縦走2010
☆南ア全山縦走2012
☆雨乞岳・日向山・入笠山
☆櫛形山
☆木曽駒ヶ岳

関東周辺
★富士山・宝永山
☆伊豆・天城山・幕山
☆雲取山・三頭・笹尾根
☆丹沢・塔ノ岳・大山
★箱根・金時山
☆富山・伊予ヶ岳
☆梅ヶ瀬渓谷

中央道方面
★大菩薩嶺
★茅ヶ岳
☆僕の一名山=明神山
☆大月駅周辺・三つ峠
★金峰・瑞垣山
☆御正体山・道志
☆石老・高尾・陣馬
★乾徳・甲武信岳
★蓼科・天狗・霧が峰
☆両神山・奥武蔵
☆恵那山
☆御嶽
☆御座山・西上州

東名方面
★静岡県の低山

東北方面
☆蔵王・吾妻・磐梯
☆白神岳
☆大潟富士
☆八甲田山・八幡平・岩木山
☆岩手山・栗駒・秋田駒
☆男体山・女峰山・奥白根
☆筑波山

関越方面
☆燧・至仏・会津駒
☆武尊山・吾妻耶山
☆谷川・平標・苗場
☆赤城・子持山
☆弥彦山
★巻機・平ヶ岳・越後駒

上信越方面
★四阿山・浅間山
☆妙高・雨飾・高妻
☆富山県の山

関西方面
☆大台ケ原・大峰山
★白山・荒島岳
☆伯耆大山・氷ノ山
☆四国剣山・三嶺
☆伊吹山・霊仙山

九州方面
★開聞岳
★霧島山・高千穂峰
★久住山
★祖母山
★阿蘇山
★英彦山
★雲仙
☆九州の山
☆九州の山2013

   
星空ハイキング(激爆)
当然のことながら、夜中だったので写真は撮れませんでした。

出社前登山ということで、以前より行きたいと思っていた幕山へ行ってきた。岩登りの幕岩は有名であるが、ウメも有名である。
べーと車を走らせると、幕山公園の目の前に幕山。ちょっとそこまで、といった趣だったので、思わず夜中に登ってしまった。
22時53分に幕山公園をスタート。月明かりに照らされた道沿いを行き、10分ばかり舗装道路を歩くと橋に出る。橋の手前に登山道らしきものがついているが、正しい道は橋の向こう。橋を渡って右へ曲がり、まもなく舗装道路が終わる。橋から15分で、再び橋を渡り、まもなく右へ入るとようやく登山道らしくなる。
ここから先は少しくぼんだやや谷筋っぽいところを進む。背丈より高い笹薮のトンネルを抜け、一旦台地状の場所へ出る。続いて右へ折れ樹林帯へ。ここで一旦踏み跡が不明瞭になるが、まっすぐ歩くと再び登山道へ出る。

すぐ笹原に変わり、あとはほとんど標高を稼がず山頂へ出る。山頂からは相模湾が一望でき、真鶴半島の夜景が美しい。満月の月に照らされた道標の横で横になる。

限りなく静かである。

強く吹く風。一瞬止まると静寂に包まれる。
月明かりと星。そして誰もいない。

そのまま眠るつもりだったが、あまり眠くないようで寝付かれない。相模湾方向の天気も悪いので下山することとする。
こっちか、と思って進むと、ぐんぐんと標高を下げ、ぐるっと回って再び標高を稼ぐ・・・・元の場所に戻りました(T_T)
というわけで、仕切りなおして、これと思しき下山路を進む。「五郎神社」と書かれたほうへ下りるのが正解。
下りは道が良く尾根沿いなので、下山は早かった。


幕山公園22:53−大石ヶ平−山頂23:55
山頂0:42−幕山公園1:05

写真 真鶴半島の夜景。
写真 山頂と星空。写っててよかった!
レリーズをもっていかなかったので、現像するまでは諦めていたんです。
写真 念のために抑えておいた別の角度。
星の尾のひいた時間がシャッター速度。
写真 おまけ
江ノ島からの富士山

区切り線

*この山行のデータ(山行日基準)* データの見方
ルート 幕山登山口〜幕山往復
地図 昭文社「伊豆」
Yahoo! 幕山
地形図 箱根
難易度 初心者でも大丈夫です。特に危険なところはありません
登山靴も必要ありません。
所要時間 登り1時間程度
他の季節 2月はじめ頃が梅で、通年で積雪はまずないものと考えていいと思います。東京で雪が降ったときも、伊豆では雨の可能性もあります。春先をすぎたらもう暑いでしょう。入山料が必要なのは梅の時期の2月〜3月近辺。
トイレ 登山口にありますが山頂にはありません
水場 ありません
避難小屋 ありません
幕営適地  
交通 http://www.yugawara.or.jp/ume_kotu.htm
電車の場合は湯河原駅を使います。
車の場合、湯河原駅を目標にしてきて、そこから15分。駐車場まで舗装
サイズは普段なら大型でも大丈夫だが梅の時期は混雑が激しいので大型車は止められません。
梅の時期をのぞけば、トレーラつきで入ることは可能だと思います
マイクロバス不可
大型バス不可
駐車場は梅の時期のみ有料。
登山計画書 登山口では出せません
問合せ先・参考文献 湯河原町役場
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/index2.html
その他 当方は夜中の登山ですが、夜中の登山は危険ですので万人にはおすすめできません

このサイトにはこの山の他の記録があります お探しの情報がみつからない場合Backボタンも試してみてください
最終更新日: 2016/07/22 by htmltophp.php




mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net